雑記 - Miscellany 2005 -

[ トップページ ][ 雑記 ] > [ 2005年の雑記 ]

2005/12/31

 カレーを食ってから里帰り……できそうにありません。
 昨晩から今にかけて色々あったので、幾つか書けることがあるのですが、時間の都合で省略。年を越した後で全部書く予定です。

2005/12/20

 掲示板にスパムが……とりあえず軽く対策。現在は投稿のあったIPアドレスを無条件で弾いています。
 掲示板のバージョンが随分と進んでいて、対応の必要もあるようで……久しぶりにApacheとActive Perlをインストールしないといけません。久しぶりに掲示板のスクリプト弄りを……精々楽しまないと。こちらは面倒などと言ってられません。

2005/12/06

 MMORPGに「基本料金無料」の嵐が吹き荒れていることを知りました。マビノギはおろかMOEまでも基本料金が無料になるとは……。但し、マビノギは無料でプレイし続けることが事実上不可能なので「値下げ」という印象に留っていますが。
 NECCAなどのネットカフェではMOEを無料でプレイできることを知っていて、既にアカウントが生存していることを確かめてあるのですが、まさか、再び自宅のPCでMOEに触る機会が訪れようとは。PSのコントローラを使ってキャラクターを動かすあの感覚だけは、完全にプレイをやめてしまった今でも忘れられずにいるのです。ということで、MOEへの復帰は確実です。

 友人から聞いた話ではチートが猛威を振るっていたということなのですが……愛着のあるキャラクターを動かすだけでも満足できそうなので、ベータテストの頃よりも更にまったりとした、スローライフに徹しようと思っています。WAR AGEには行きません。CHAOS AGEにも多分行きません。PRESENT AGEだけを、ただただまったりと。何か問題があっても、多分気にしないと思います。

2005/12/06

 「ローゼンメイデン トロイメント」で、水銀燈を見ていて思いました。
 これからのツンデレは10:0です。

2005/12/06

 今回も一ヶ月おき……のつもりだったんですが、しくじりました。ですが、折角の機会ですので更新はしておきます。でないと、次の更新がいつになるか分からなくなってしまいますし(えー)

 ・友人たちの間でカルドセプト2が(再び)ブームに。自分もデッキを組んでいるものの、なかなか結果に結びつかない。というのも、クリーチャーの大半がアイドルというデッキを使っているからである。そこそこコンボも決まり、友人たちを唸らせることには成功しているものの、勝ちを拾う所まで届かない。そればかりで戦っても芸がないので、単属性+アイドルというデッキを全色で構築。一応は色別のコンセプトを確立しているつもり。アイドルマスターとなるべく、デッキを弄り続けているが、そろそろアイドルにメタを張られそうな気も
 ・友人宅でガンダムSEEDをプレイ。2画面分割対戦で、動きはもっさり。仕方のないことと諦めてはいるが、意外に遊べた。友人との間でブレイクした対戦が、僚機をスカイグラスパー(ソード)にするというもの。いい気になって格闘をしていると視界の外からソードでざっくり。僚機の攻撃に自分まで巻き込まれたりすると、二人とも爆笑してしまって対戦にならない
 ・「FNS地球特捜隊ダイバスター」という番組が自分の中で大ヒット。ノリが最高。トリビアの泉より確実に面白い。しかし、この番組がゴールデン枠を取れるのかというと……微妙だ
 ・「ローゼンメイデン トロイメント」も相当なイキオイでヒットし、毎週の本放送が楽しみになってしまう
 ・「絶対可憐チルドレン」もヒット。個人的にはGS美神以上によくできた漫画だと思う。2巻まで読み終えた後、ヒロイン3人の外見的な特長がレイアースに似てるなぁ……と思ったのだが、どうやらそう思ったのは自分だけではないらしい。しかし、それはそれで別に問題はない
 ・TVキャプチャーボードを購入。目的はゲーム機の画像を出力するためで、TVが見られるようになることはあくまで副次的なもの。HDDの容量には余裕がないため、TV番組の録画は全く考えていない。画質調整の末、結構見られるようになった。これでガチャフォースもバッチリ
 ・ヨーグルティングが正式サービス開始。様子見のつもりでやってみたが、気が付くと普通に遊んでしまっている。不具合頻発、メンテも頻発という状況だが、がっついたプレイをしているわけでもないので、あまり問題意識を感じない
 ・エスプガルーダ2をプレイ。タテハ→アサギ→アゲハの順にプレイ、やっぱりアゲハが楽なようだが、結局タテハに落ち着きそう
 ・気が付くとエスプガルーダが見当たらない。がーん! まだクリアしてないのに!
 ・QMA2は冷め気味。厳しい問題が非常に多い。前々から思っていたが、ランダムクイズのカテゴリー縛りは本当にやめて欲しい。スポーツのサッカー縛りが特にひどく、タイピング系の問題で外国人選手の名前が答えになろうものなら、それはもうあっさりと全滅する(無論、ガチで行くのが前提だが)。そうして、今回も予選トップが40点台という結果を見ることに。難しい問題でも問題の形式次第で何とかなったりするのがQMAの魅力だと思うが、こうなってはお手上げだ。こんな問題ばかりでは普通のプレイヤーが離れてしまう……

2005/11/04

 律儀に一ヶ月おきの更新です。バカにしてんのか俺は。
 ちなみに、順番の都合上、各項目について時期が若干前後しています。

 ・Killer7のプレイは比較的時間を食うため、腰を据えてKiller7をプレイするには少し短い……という時間にガチャフォースをプレイ。友人の付き合いでやっている業務用のガンダムSEEDと似ているゲームをプレイして感覚を養おうという目的もあったが、ここでガチャフォース熱がこれまでにない程に再燃。5周目で止まっていたプレイから猛烈な勢いで進めて8周目をクリア。また、これまでほとんど使わなかったナースボーグとウィザードボーグの操作を習熟すべく、集中的に使い始めた
 ・神羅万象チョコの第3弾に手を出す。出だしは最悪で、4つ買った時点で1種被り、8つ買った時点で更に1枚追加され、同じカードが3枚に。第2弾の時ほど必死にはならないものの、意地になるのは必至……?
 ・ヨーグルティングのシステムに変化(進化?)が。エピソードの順位システムが消滅し、箱順位の概念も消滅。この展開には驚かされる。運営もガンホーの割にはまともと言えるもので、「これをROの時にやってりゃあ、今頃あんなことにはならなかったろうに……」と複雑な心境に
 ・しかし、ヨーグルティングのプレイは中断。無論、ガチャフォースの影響。もし、ガチャフォースがゲーセンでプレイできるなら、ガンダムSEEDも用無しなのになぁ……
 ・ガンダムSEEDもプレイしているが、現在の本命はエスプガルーダ。さほど安定もせず、下手ではあるがちまちまとした稼ぎが板に付き始める。しかし、気が付くとエクステンド設定が1st 2,000,000pts、2nd 6,000,000ptsになっていた。稼ぎの意義が……
 ・クイズマジックアカデミー2はようやく大賢者に。しかし、最近追加された問題が非常に厳しい……賢者〜青銅賢者のクラスにも拘らず全滅する(誰も正解できない)問題が頻発、時には予選トップのスコアが40点台……という場面も。ふと、ゲームは面白いが問題がひどい「子育てクイズ マイエンジェル」を思い出した。QMA3のリリースを前に、ああはなって欲しくないと切に願う
 ・PSOエピソード3を購入。新品で780円。キャラクターについてはどのPSOよりも良いと思うが、ゲームの評価となると……まぁ、仕方のない状況と言えようか。TCGで6面ダイスの目の数値を強さに繋げるようなシステムともなると、運の要素に大きく左右されるので実に評判が悪い。しかし、キャラクターとシナリオが目当てなので、問題は全くない
 ・RagnarokTCGも同様に6面ダイスが問題視されていた様子。しかし、最大の問題は3スロットあるうちの一番左のスロットがメインキャラクター専用スロットという謎仕様で、一度作ったキャラクターが削除できない(ミスったら取り返しがつかない)ことと、ネットマーブルのアカウントの性別に作成できるキャラクターの性別が縛られること。前者も論外だが、後者は更にひどい。いい加減なローカライズに怒り心頭、やる気は完全に失せた
 ・トリックスターはもうアンインストールしてもいいような気がしてきた

 見事なまでにほぼ全て、ゲームネタばかりですね。そろそろゲーム以外のネタが欲しいと自分でも思うのですが……

2005/10/04

 またも一ヶ月放置です。実にすみません。ということで、今回も一ヶ月分まとめます(おい)
 箇条書きの体裁を取りながらも、一つ一つは割と長めです。

 ・ヨーグルティングのオープンベータに参加。同じ高校生ということで以前に作った「燃えろ!ジャスティス学園」のエディットキャラ三人の中から一人を選び、キャラクター化。意外にもイメージを再現できてしまう。その上、1年生用のグローブを装備して戦闘をすると正にそのまんま。感動。DCの燃えジャスが突然欲しくなってきた(えー)
 ・8ヶ月続いたトリックスターの長期凍結を決断。プレイにクローズベータ当時の快適さを求めることは、あらゆる意味で不可能であると判断……いつでもログインできる状態は継続しているが、事実上の引退と言える
 ・友人にファンタジーアースオンラインのクローズベータテストへの応募を薦められたが、システムが気に食わないため見送り。最早、本質的な部分で韓国産MMORPGとの差別化を図れない国産MMORPGはヒットしないであろうと結論付ける。ついでに断言。
 ・前述のようなスタンスを持っていながらも、ヨーグルティングのオープンベータは継続。「箱順位」という実に日本的なローカルルールが暗黙の了解で適用される現状が、「競争要素が激しい」という韓国産MMORPGの最大の欠点をカバー。バランス面で満足していないながらも、オープンベータ終了まではズルズルと遊びそうな予感を覚える
 ・今更ながらエスプガルーダをちょこちょことプレイ。正に今更。発売当時はあまり面白いと思わなかったのだが、今頃になって面白いと感じるようになる。タテハで苦労した後にアゲハでプレイすると非常に楽。何とかラスボスまで到達したが、クリアはまだ見えない
 ・ソフトを借りたままプレイが止まっていたKiller7を再開。「特に問題ない」と言われていたものの、この間ずっと借りっぱなしなので実に申し訳ない。ということで精力的にプレイ。クリティカルロックオンが早い段階で使える楓を軸に、楽に、早くクリアすることを心がけている。邂逅(前編・後編)辺りで描写の直球度合いが増してきた

 とりあえずはこんな感じですが……ラグなどで鈍重になるゲームをプレイできなくなってきたようです。トリックスターはもちろんですが、ROまでもがプレイできなくなっているかもしれません。とうとう引退……でしょうか?

2005/09/05

 ヨーグルティングのクローズベータテストがあったのですが、キャラクターの名前が決まらないだけの理由でスルーしました。
 既にクライアントまでインストールしていたのに……

2005/09/04

 人は欲しかったものが手に入らないと分かると、より一層、それが欲しくなるものだと思います。こういった瞬間は何とも辛いものです。
 その辛さから逃避するために欲しかったものを手にした状況を心に思い浮かべ、我に返った直後に虚しくなったりもするのですが……しかし。
 今回は訳が違いました。虚しさではなく、鮮烈な既視感のようなものが心の中に残っているのです。
 「自分はこれを以前に見たような……いや、間違いない! この○○○○には、見覚えがある!(訳あって伏せています)」
 見覚えがあるはずなのに、それをハッキリと思い出せない辛さを感じながら、時間が経過……
 しばらくして、既視感の正体を突き止めました。そして、既視感は確信に。これで心のもやもやが晴れてスッキリするはず……だったのですが、同時にこのことを公にしてはマズイということにも気が付いたのです。
 これはむしろ、欲しいものが手に入らないと分かったその時よりも辛いような……ここで全てを覆い隠したまま心情を吐露する位しかできないのがアレなんですが、これだけでも少しは気が楽になりました。

 ……訳の分からない話ですみません。

2005/09/04

 8月の更新なし……腕を痛めるようなこともなければ、もう少し気力もあったと思うのですが。
 今、腕立て伏せをしてみたら、わずかに痛みが残っていました。したくもない怪我だっただけに、下がったままのテンションが中々上がらず、あらゆる方面でやる気の出ない状態が続いています。Web巡回すらまともにしなくなる辺り、重症だなぁ……と思います。

 7月下旬からまるまる8月を含め、今日までにあったことを現状で覚えている分だけかいつまんでみますと、
 ・痛めた右腕が微妙に完治せず、気力のない状態が続く
 ・今年もコミケには行かなかった
 ・カレーは食った
 ・友人のマシン組み上げを手伝う。ここ最近になって自分の周りにできたニューマシンのCPUが全てAthlon64 3000+だったことに気付く
 ・高校の同期の友人が日本舞踊の発表会に出るので見に行く。とある演目で主役だった。すげぇ
 ・↑の人からコミックバトンを受け取っているのに、まだ回答していない
 ・友人のアカウントを借り、PSOBBのヒミツチケットを計42枚ゲット。くじ引きの結果はちょっと……
 ・まゆらBlogのチェックを完全に怠る。期間限定の暑中見舞い画像があったことに気付き、今年最大級のショックを受ける
 こんな感じです。

2005/07/29

 夏休み。様々なネトゲにとっては客の奪い合いとも言えそうな時期ですが、久々にPSO BBをプレイしました。キャンペーンでもらった1Dayチケットのおかげで48時間弱の復帰、ちょこっとリハビリです。やはりというか、キャラクターは生きていて一安心でした。
 とりあえずのアカウント保持も目的にありますが、実は……友達から余っているスプレッドニードルを貰えることになったのです(えー)
 現金ですね、ホント。思えば、GCの時も友達に色々貰って楽していました。ヌル過ぎです。
 ですが、いくら自分がヌルかろうと、今回ばかりは全く気になりません。何せ、スプレッドニードルはDCのVer.2以来、ずっとご無沙汰だったのです。DCからのプレイヤーが今更こんなことで感動するとか、まずあり得ませんよねぇ(苦笑)
 まぁ、軽く1年以上のブランクがあるのにこんな武器を使ってたら、リハビリも何もあったものではありませんが(汗)
 とりあえず、明日の夜まではきっちり楽しもうと思います。そういえば、MOEもお試しプレイ期間を用意していたような……まぁ、こちらはテスト時の知り合いなど誰もいないだろうと思いますが、気が向いたらやってみようかとも思っています。

2005/07/07

 また1年経ちました。うーむ、色々と変わったような変わってないような。
 以前にまゆらBlogのリンクで知って、自分もやってみるかと思って答えておいたのに出す機会を逸した100質を上げておこうかと思います。
 一応、自分もレゲーを語れる立場にはあるんじゃないかと思います。というかかなりのイキオイで懐古主義ですし。

2005/05/23

 今更ですが、ガチャフォースにハマりました。まさかGCにこんなゲームがあったとは……(汗)
 アーマードコアやバーチャロンよりもレスポンスが良くて動かしやすく、Zガンダムよりも非常にスピーディーです。過去にプレイしたロボット物のゲームで感じていた不満点を全て解消したような完璧さで、一瞬でハマり込みました。初めてモンスターハンターに触った時以上にヤバい感触ですね、これは。
 システム的にはやはりカプコンだけあってZガンダムに似ているのですが、似ているはずなのに全く別のゲームとしか思えません。

 惜しむらくは画面分割の対戦しかできないことと、業務用ゲーム等、他機種への移植が望めそうにないことですが、まぁ……現状はこのようなゲームができるだけでもよしとするべきでしょうか。ゲーセンでやるにしても、きっとGCのコントローラーを接続することになるに違いないでしょうから(苦笑)

2005/05/05

 大型連休の間も普段の週末とほとんど変わらない生活をしています。普段と違う所といえば、久しぶりにROを熱心にやったりなどしていること位でしょうか。さすがに転生までは考えが行きませんが、Gvへの取り組み方、考え方が少し進歩したといいますか……少し立場が変わってきた感じです。

 最近になって神羅万象チョコという、ビックリマンチョコに近いノリのカード付きのお菓子に興味が向き始めました。甘いジュースもお菓子も全くと言っていいほど口にしなかったのですが、ちょこちょこと食べてます。まぁ、嫌いな訳ではありませんので(苦笑)
 しかしこのチョコ、私が知る前から相当な人気があったようですが、私の近所のコンビニではこれが全く売られていないのです(汗)
 これが友人の家の近所のコンビニで売られていたりすることもあり、適当な理由を作っては友人の家に遊びに行き、ついでに神羅万象チョコを2〜3個買って行く、ということを何度か繰り返しています。
 そのコンビニの中で、「大人買いコーナー」と書かれたボードのある棚を見ました。単にお菓子が箱のまま置いてあるだけなんですが。もちろん、私は思いました。

 「違う! それは大人買いではないっ!!」

 大人買いとは、子供には到底持ち得ないレベルの財力を振りかざし、子供の手に渡る前の状態にある、箱のままのトレカ等を買い付けてしまうことを指すものでして、その根底にあるものは「力技」であり、所謂「買い占め」です。
 ここで誤解される要素が「箱買い」なのですが、決して「箱買い=大人買い」という訳ではないのです。語源については把握していなかったものの、もし「かってに改蔵」を知っていたなら、この本質はすぐに分かりそうな気もするのですが。
 元々はトレカコレクターの間で使われていたという話ですが、全くもってその通りです。但し、トレカの場合は「あるものを全て買い占める」ことよりも「箱のまま買う」ということが重要なのです。その理由は1箱に一定の割合で封入されているスペシャルカードです。これを確実に入手することが箱買いの最大にして唯一の目的でして、開封済みで1パックでも減っている状態ではスペシャルカードがなくなっている可能性が少なからずあるため、買い占める意義が完全になくなります。つまり、子供がスペシャルカードを求めて1パックずつちまちま買っている目の前で箱ごとごっそりと買い、強引かつ確実にスペシャルカードを手に入れる行動――この大人気なさこそが「大人買い」の真髄なのです。
 と、そういう事情もあり、トレカの販売において、とらのあななどの大人向けの売り場では当然のように箱のまま販売されていました。こうなると、買い占めなどの要素が消え、箱買いが大人買いと呼ばれる要因は消えます。そもそも大人しか買いませんでしたし。秋葉原ですから(えー)

 結論ですが、大人が子供に対する競合勢力となることで初めて、「大人買い」という現象は発生するのです。
 ……ふと、トレカに手を出していた頃を思い出してしまいました(苦笑)

2005/04/20

 先日、友達に誘われてマビノギをプレイした(最早自発的にプレイはしていません)のですが、ダンジョンを移動していて、 ふとMOEが恋しくなりました。
 プレステのコントローラーでMMORPGがプレイできるっていいなぁ、と。
 だからといってFFXIをやるかというと、もちろん無理なのですが……

2005/04/20

 Web関係でテキストを書く気が起きませんでした。本当は今月の頭に秋葉原へ行ってカレーを食べたりとか、日記に書けるだけの出来事もあったのですが、その日に歩き過ぎて肉離れを起こし、数日歩行に支障が出るなど、何とも言えずあらゆる気力を削がれる状態にありました。……筋肉痛等が一切なかったのが、唯一の救いでした。

 そろそろ本気で日記の形態を考え直した方がよさそうです。

2005/03/27

 あ……ああっ! 城爪草さんがマビノギを始めていらっしゃる!
 「ネットゲームははまりすぎると怖いので今まで近づかないようにしていた」とおっしゃる辺り、自分に似たものを感じます……というか基本的なプレイスタイルも結構似ているし!(ハマると時間を忘れるとか)

 本当はmixiでネトゲについて色々語り、加筆修正などした後にこちらで公開しようなどと思っていたのですが、その中の一部をこちらで先に書いてしまおうかと思います。
 最近になって理屈として固まった、ネトゲをプレイするにあたっての心構えなのですが……

「明確な目標を持たない」

 大半のネットゲームはプレイを継続する意欲、モチベーションを失わせないために、安易に達成できない目標――いわゆるハードルをプレイヤーの目に見える所に置き、これを越えさせるためにプレイを継続させる、といった方向性でデザイン、開発されています。そしてゲームが進行し、目の前にある一次的な目標が達成されるとその先に更に高いハードルを置き、プレイヤーをそこへ向かって走らせるのです。
 ゲームを熱心にプレイする気力、能力のある人ほど、この術中にハマりやすいと言えましょうか。ハマってしまえば最後、サービスの提供が頓挫しない限り、なくなることのない新たな目標へ向かって延々と走り続けることになるのです。これを止めるためには、何らかの事情でプレイが不可能な状況に陥るか、何らかの理由でそのゲームに対して見切りがつくなどして、プレイを継続する意欲が失われなくてはなりません。
 このような中毒性を持つネットゲームを程々に楽しむためにはどうしたらいいか……ですが、飽きっぽい性格であることが第一でしょうか。程々にプレイするだけでも楽しめる領域のみを楽しみ、熱が冷めたら他のゲームに移る。深くゲームをやり込む事によってしか到達できない領域の面白味についてはいつまで経っても味わうことができませんが、限りある時間を有効に活用し、ネットゲームを楽しむだけならこれでも充分です。
 しかし、自分自身の性格というものは安易に矯正が効くものでもありません。そこで取れる対策こそが、敢えて「明確な目標を持たない」、或いは「明確な目標を意識しない」ことなのです。
 言い換えるなら「コアユーザーにならない」ということになります。
 プレイの結果には拘らず、そこへ至るまでの過程を楽しむ。目的を達成し、結果を得るためにストイックなプレイをすれば、それは少なからず精神的な負担を生みます。そのような要素が目標を達成した時の達成感の増大に繋がることも事実ですが、そのために支払うコストは甚大です。

 楽しむためのゲームであるはずなのに、そのゲームでストレスを溜めていては本末転倒です。どのようなゲームであっても独自の楽しみ方を見つけ出すことが、ゲームを楽しむための才能であると個人的に考えていますが、ネットゲームではこれが一転します。ゲームのプレイに付随するマイナス要素を上手く排し、程々に付き合い、楽しむ才能こそが、ネットゲームをプレイするために最も必要なものなのかもしれない……そう思う今日この頃です。

 ちなみにマビノギですが、結構楽しんでます。情報サイトで見た経験値テーブルを見て真っ青になった……というか行く末に不安を感じていますが。
 もう少しプレイしたら、軽くレポートをまとめてみたいと思います。

2005/03/21

 先日、mixiの招待を受けました。自分に限ってmixiのネットワークに入り込むなんてあり得ないだろう……などと思っていたのですが。世の中、分からないものです。
 登録しておいて何にもしないのもアレなので、こちらに上がらなかった(上げられなかった)ネタとかをちょこちょこ書いていこうかと思っています。mixiに登録している人以外は読めない文章ですが、気が向いたら適当にまとめてこちらにもアップするかもしれません。
 以前「Blogはあまり好かん」などと書きましたが、食わず嫌いでいるのもどうかとは少しだけ思いますので、とりあえずお試し程度に使ってみます。
 でも、一つだけ気になることがあるんですよねぇ……

 ソースが手元にないと安心できないんです(えー)

2005/03/18

 マビノギのオープンベータテストに参加してみました。私自身はトリックスターに熱心で忘れていたのですが、友人に応援を要請されたのでやってみることに。何でも、パーティーを組んでパーティー用のクエストをこなすと、ソロでプレイするよりも格段に稼ぎがよくなるということなのです。
 クローズベータの時にアカウントだけ作っておいたので、まずは友人宅でキャラクターを作成。かなりスペックの低い友人のマシンでもスイスイ動いているのを見て感心したものですが、インストール容量がたったの380MBでした。
 トリックスターの1/3以下だ……

2005/03/13

*おおっと!テレポーター*
 ……涙が出そうです。

 というかこんなのに気付いた俺も俺だ!(泣)
 飛ばされた奴は正直に手を上げろ! お前ら全員マブダチだっ!

2005/03/13

 まさか、今頃になってmayura.jpのURIが復活するとは……
 公開終了時から消さずに残していた、ブラウザのブックマークをクリックするとサイトが表示されるんです。
 ……言葉では言い表しようのない、3年分の「何か」がドカンと来ました。

2005/03/13

 ここをご覧になっているごく一部の方はご存知の通り、3月9日が例によってまゆらデーだったのですが、その日私は……自分のマシンのOSが逝ってました(汗)

 HDDのトラブルによるもの(多分不良セクタ)だったためにファイルのバックアップにやたら手間取り、新しく使うシステム用のHDD(貰い物のUltraWideSCSI、18GB)のパーテーションの切り方で二日悩み、今日になってやっと環境が元に戻りました。無駄に悩んだ甲斐があって、随分とすっきりした構成になっています。
 新規導入の250GBHDDから10GB程テンポラリ・ページファイル専用の領域を確保し、大半のアプリケーションを別パーテーションに隔離、ついでにゲーム用の領域も別パーテーションに確保。どうやってもCドライブに入ってしまうアプリやドライバー類を除いてごっそりと配置換えをした所、Cドライブが2.2GB位にまでシェイプアップ。
 20GBにすら満たないHDDでもまだまだ使えるもんです。ショップで目にしたSCSIHDDの容量を見て「少ねええええええ」と思ったものですが、組み方によってはそれでも充分過ぎる位だったことに今更ながら気が付きました。今度マシンを一から組むようなことがあれば、間違いなくシステム用のドライブがSCSIになると思います。Ultra320でRAID-0とかやったら、凄まじいことになるでしょうねぇ……値段が。

2005/03/03

 結構息が長いかもしれないトリックスターです。といってもまだ2ヶ月ですが。
 見捨てる要素も今はなく、有料アイテムも購入してありますので、あと3ヶ月はいると思います。

 MOEはバランス調整の悪さに、このゲームの未来が見えなくなりました。ということで今は触っていません。後は……掲示板ですかねぇ……プレイヤーの質が分かる周辺コミュニティの様子も、戻る気を失くさせた原因の一つではあります(あーあ言っちゃったよ)
 ゲームシステムそのものが魅力的なだけに、実に残念です。一応、思った通りのステータスを完成させたいとは思っているのですが、無意味な作業の繰り返しを強いられるのが心理的にきついですね。スキル制だけに、本当に無意味な作業の繰り返ししかないのですよ(汗)
 ドラクエとFFで育った私にとっては、経験値稼ぎの方が楽なのです。

2005/02/19

 友人に誘われ、んー年振り(忘れました)にAOUエキスポへ行ってみました。
 一番気になったタイトルと言うと鋳薔薇(イバラ)なのですが、凄まじくバトルガレッガの匂いがします。
 基本的なインターフェースはケイブですが、落下するアイテム、チップを集めて貯めるボム、敵の弾撃ち、そして1面ボスの回転砲台……オプションの形態が違う(フォーメーションチェンジがない)ことを除けば、相当なイキオイでバトルガレッガでした。
 このシステムでランクの調整に悩まされずにガンガン進んで行けるなら、最早言うことはないのですが……とりあえずは今後の目玉確定、ということで。

2005/02/04

 1月半ばから引きずり続けていた風邪がようやく治りました。95%位ですが(えー)
 振り返ってみると、去年もこの時期に風邪ひいてるんですね。いかんなぁ……

 体の調子も戻ってきたので、友人と久々にゲーセンへ繰り出しました。で、虫姫さまでようやくオリジナルモードのエンディングを見ることができました。シューティングゲームでエンディングまで辿りついたのはいつ以来でしょうか(遠い目)
 残機とボムをすり減らしながら頑張るだけでも何とかなりましたので、道中を安定して抜けられるだけの基本さえあれば、誰でもエンディングまで行けそうな感じです。

2005/01/21

 トリックスターの開発元って、スカッとゴルフパンヤの開発元と同じだったんですね。
 トリックスターの次位にいいんじゃないかとか言っておきながら、如何にパンヤを見ていないかがバレました。

2005/01/20

 TRICKSTER(トリックスター)というゲームのクローズベータテストをこっそりとやっていました。
 近所の友人に薦められるままにアカウントだけ取得しておき、年が明けてからしばらくは友人のマシンでのみプレイしていたのですが、先週辺りから自宅でもプレイを進めたくなったので、クライアントをダウンロードしてみました。
 正式サービス後もプレイ料金が無料、要求スペックもかなり低め、と素晴らしく敷居が低いゲームで、ゲームの内容もお気楽極楽かな……と思いきや、何も知らずにやると流石に効率が悪かったようです。しかも、成長タイプを決める初期ステータスの振り方、更にはLVアップ時のステータスポイントの振り方が恐ろしく重要だったことに気付かされました。予備知識なしで始めると絶対に後悔しますって、コレ。
 ということでキャラクターを作り直し。ファンサイトである程度の情報を手に入れ、作り直しの前に溜め込んだ装備も活用しつつセオリー通りに進めると……1日で元のLV(LV21)に戻りました(汗)
 とはいえ、他のゲームと違って必死にLVを上げないといけないような事も全くなさそうですので、自分なりのペースでのんびりと遊ぶといいようです。

 現状だとネットゲーム上で友人との交流に広く使えるプラットフォームがないため、導入も楽で敷居も低いこのゲームを活用できれば……と思ってみたり。ちなみに、次点はスカッとゴルフパンヤです。しかし……ここは正直にMSNメッセンジャーを使うべきなのでしょうか。

2005/01/16

 サイト移転です。本来ならば以前から考えていた、とあるタイミングでドメイン取得&サイト移転と行きたかった所なのですが、とても考えていた通りに行きそうもないため、とりあえず移転だけ先にしてしまいました。

 そろそろ日記が存在意義を失いつつあります。むしろ、既に失っているような気もしますが。
 過去の文書を分類、整理しつつ、新しい文書も追加するための新しいフォーマットが必要になってきたのかもしれませんが……Blogなんでしょうか。
 何となく気に食わないのでBlogは使わないつもりですが、参考にはすると思います。と、書いているうちにどうして気に食わないのかが具体的に分かりました。
 どうでもいい、何でもない文章にまでタイトルを付け、文章を飾るのが嫌なのです。非常に格好悪いことをしているような気分になってしまうので、Blogは使いません。やはり、手書きのHTMLがしっくり来ますね。

2005/01/06

 2004年最後のカレーはベンガルのキーマカレー、2005年最初のカレーはラホールのカツカレー。
 ラホールを漢字で書くと「羅宝瑠」だったのですね。全く知りませんでした。


[ トップページ ][ 雑記 ] > [ 2005年の雑記 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]