雑記 - Miscellany 2004 -

[ トップページ ][ 雑記 ] > [ 2004年の雑記 ]

2004/12/30

 今年もコミケには行かずじまいでした。変わったなぁ、俺……。
 まぁ、現在は他に優先しないといけないことがありますので、仕方ないっちゃ仕方ないのですが。
 とりあえず、都内のどっかでカレー食ってから里帰りです。場合によってはラーメンかもしれませんが(えー
 さて、今年最後の店はどこにしましょうかねぇ……

2004/12/26

 トラブルってホント予期せぬ時に起こるものですね。大して重要なファイルもありませんが、掲示板のログなどをバックアップしていなかったのは私の落ち度です。今後はトラブルに備えたバックアップを心がけていきたいですね……
 この件で現在世話になっている所を信頼できなくなった、という訳でもありませんが、レンタルしているスペースを変えようかなどと考え始めました。理由は簡単なことで、今のドメインが気に食わないだけです。行動に移すとすれば年が明けてから、お知らせする頃には既に移転していると思います。

2004/12/08

 挫折はしていないのですが、早速後悔する羽目になったのでやめにしました(えー
 主人公のだいぼうぎょはバッチリ使えるし、ヤンガスのしんくうはも早い時期から使える貴重な全体攻撃ではあるのですが、あまりの評判の悪さに耐えかねてスキルの内訳をデータサイトで調べたら、これが何とも報われないラインナップでした(汗)
 ということで、「主人公は剣と勇気を取れ」という製作側からの指示とも取れる真実に呆れつつ、初めからやり直すことにしました。
 最終的には全キャラのスキル最高値まで持って行けるようですが、バカみたいな時間がかかるようですので、使えるスキルを確保してさくさく行ってしまおうかと思います。
 二日でやり直しとは……泣ける展開です。

 それと、ペースが鈍足というのはきっと間違いです。ウソついてすみません。

2004/12/07

 ドラクエ8が家にやってきました。今はMOEがメインですので、ペースはすさまじく鈍足ではあると思いますが。

 まずは名前決めで小一時間悩みます。まだ決まっていないのでゲームが進んでいません。いや、始まってすらいませんが。
 とりあえず名前を思いつくまで説明書に目を通したりなどしてみるのですが、スキルポイントの振り分けなどというものがあるのですね……これはどうしようもなく悩まされる要素です。さあ、どうしたらいいのでしょうか。
 育成方針でひとしきり悩んだ後、ピンと来ました……こりゃ素手か?

 ドラクエをメインに扱う攻略サイトの雑談掲示板で、お金のやり繰りが割と辛いという発言があったのですが、素手なら武器に金を使う必要もないので、金銭面では楽ができるかもしれないと考えたのです。
 そう、これはお金稼ぎの手間を減らして効率よくゲームを進めていこうという素晴らしいプラン……
 であるはずがありません。
 素手の方が強かったというオチだけは考えようがないからこそ思いついたプラン。単なるマゾプレイです。
 剣より槍の方が良かったとか、戦闘より魔法メインにすれば良かった、などと武器選択で後悔しないためのプランでもありますが、それ以前に挫折し、後悔しそうなプランですね(笑)

2004/11/25

 ……というわけで、気分転換にゲーセンへ。虫姫さまとクイズマジックアカデミー2を少しプレイしてきました。
 虫姫さまはかなり自分好みのゲームに仕上がっていました。速い弾を反射神経で避けていくオリジナルモード、ケイブらしい弾幕構成のマニアックモードと一粒で二度佳味しい構成になっていて、飽きが来ません。特に、オリジナルモードのゲーム性はここ数年ご無沙汰だったので、プレイしていて非常に楽しいですね。
 正直、ひたすら弾を多くした上で難度調整のために弾の速度を落としている昨今の弾幕シューティングには辟易していましたので、オリジナルモードをメインに据えてくれたこの姿勢は、非常に高く評価できると思います。シューティングゲームはまだ死んでいなかったんだな、と感動すら覚えました。

 クイズマジックアカデミー2は素晴らしいバージョンアップを遂げていました。予選落ちしてもそこまでの得点が結果として積み重ねられるのが実に素晴らしいですね。予選落ちすると何の結果も得られない前作に比べると、少しずつでもプレイを続けようという意欲が沸きます。
 前作のIDカードのデータを引き継げたのはいいのですが、新キャラクターを使えないのはちょっと残念ですね。寮の決定はランダムらしいのですが、マロン寮に叩き込まれたのは……きっとお約束だと思います(苦笑)
 しかし、仮にアメリア先生の寮があったとしたらカードを何枚か無駄にしてでも……と思うのは私だけでしょうか、そうなのでしょうか。

2004/11/25

 ずーっと更新がなかったのはMOEに必死だったわけでして、ようやくある程度の結果が出せました。
 しかし、今日のパッチで強烈な締め付けが……。各種掲示板が大荒れでスゴイことになってます。採集、銃関係が特に厳しいのですが、私のキャラその両方なんですよねぇ……(汗)
 とりあえずは、この現状をどう生き抜くか模索するのも割と楽しいのではないかと思うのですが、それ以前にログインができません。困ったものです。

2004/11/05

 戦闘のスキルにあまりポイントを突っ込めず、採掘に行っては敵から逃げ回る毎日を送っていたのですが、ふとしたことから銃について話を聞きました。
 鍛冶スキルがあれば銃も作れるため、試しに作って使ってみたのですが……これが楽しくて仕方がありません。挙句キーコンフィグも銃での戦闘に合わせ、銃だけでの戦闘なら完全にコントローラーでできる様になってしまいました。こうなると、もう別のゲームです(笑)
 ただでさえ遠距離から攻撃できるのに、敵に狙いを付けるという最も難しい部分を自動にすることまでできるため、戦闘が一気に楽になりました。戦闘用スキルに乏しい自分でも割と戦えるようになったため、色々と助かっています。
 どんどん面白くなっていってます。この面白さがどこまで続くかが楽しみですね。

2004/11/03

 シップはスカイダイバーになっています。落下耐性は70.0まで上げました(笑)
 しかし、この落下耐性の役に立つ所というのが全然見つからず、このスキルにポイントを70も割く必要性が見当たらなくなってきました。
 とりあえずは自分の武装を自分で調達して、自分で戦える鍛冶屋辺りを目指しています。どんな場所へも材料を調達しに行けるように、と思っていたのですが、落下耐性は割と必要ないような……そろそろスキルポイントの制限が気になり始める頃ですので、スカイダイバーのシップはそのうちお別れになるかもしれません。

2004/10/31

 ゲームサーバーの接続数が最大になってログインできないゲームなんて初めてですよ……
 一応は誰かがログアウトすれば誰かが入れるという状態なのですが、このゲーム、どうもゲームデータのセーブがリアルタイムでなく、タイミングがよく分かりません。本来ならこまめにログアウトしてプレイ結果を確定させておきたい所ですが、人の多い時間帯は接続数が常に満員という状態で、一旦ログアウトすると戻ってこられません。これに加えて不定期でゲームサーバーがダウンするので、接続しっぱなしだとプレイ結果がふいになり、プレイ結果を残すと戻ってこられないというネトゲ史上最悪のジレンマがプレイヤーを悩ませています。
 そして今日は夕方から全く接続できず。接続可能人数は分かりませんが、人気があるのも困ったものです。際限なくプレイヤーを詰め込んでプレイ環境が悪化するROよりは、遥かにマシではありますが……

2004/10/30

 MOEはUOみたいと言われつつも、3Dのグラフィックエンジンを使っていることによる少し独特な要素があります。それが墜落死です(笑)。
 場所によっては高低差も大きい3Dのフィールドを比較的自由に走り回れるのですが、移動に関する制約が薄いため、うっかり高過ぎる場所から落ちるとそれはもうあっさりと死にます。立ち向かえば必ず死ぬ、最強の敵とも言えるのが地形であり、キャラクターの能力の限界を超える高低差というわけです。
 そんなMOEならではのスキルが落下耐性で、このスキルがあれば地形の高低差をある程度克服できるため、個人的にはかなり重要なスキルだと思っています。墜落死の危険をできるだけ減らすという目的もありますが、3Dのマップを安心して走り回るためにも是非上げておきたいスキルでしょうか。
 というわけで、折を見て上げまくっているとポイントが40.0に届きました。で、落下耐性が35.0になった所でシップ(肩書きみたいなもの)が「フォールマン」に。水泳だけ一気に上げまくると、きっと「スイマー」になるんでしょうねぇ(笑)。水泳も地形の制約を緩和するスキルの一つですので、これもある程度上げておこうかと思っています。

2004/10/29

 Master of Epicはなかなか楽しいです。やはり、やったことのないタイプのゲームだけに新鮮味がありますね。キャラクターのシステムはUOと同様ということですが、実際にプレイしてみた感じ――3Dのキャラクターが動き回る辺りはモンスターハンターやシールオンラインと感覚が似ています。
 個人的に好感触だった部分は割り当ての比較的自由なキーコンフィグです。USBで変換・接続してあるPSのパッドにも対応していたので、試行錯誤の末にスキル以外の基本的なアクションのほとんどをPSのパッドでできるようにカスタムしてしまいました。見た目はシール風味、操作感覚はモンハン風味で、中々快適なプレイ環境です。コントローラーのパッド部分が未割り当てなので、キーコンフィグはまだまだ弄れそうです。
 ただ、グラフィック処理関係となるとRADEON9600では力不足といった感じで、オブジェクトが多くなるとどんどん秒間フレーム数が落ちていきます。RADEON9600XT辺りになると性能が倍近く違うらしいので、欲しくなってきてしまいました。
 とりあえず、私としてはこのゲームのプレイ環境向上のためにグラフィックカードを買い換えてもいいかな……という位の評価です。

2004/10/28

 Master of Epicに手を出してみました。クライアントのダウンロード、IDの取得までは終わっているのですが、サーバーはメンテ中、公式&BB Gamesは見られず、にっちもさっちも行かない状態です。
 ラグナロクのBeta2を始めた頃に状況が似ていますね……同じ未来を歩まないことを祈ります。

2004/10/21

 ハンターランク20到達です! HR19からかかった日数は実質4日。……まぁ、友達の助けがあっての結果ですから。
 しかし、達成感と同時に喪失感が押し寄せてきました。さあ、どうしましょう。
 とりあえず自力での黒龍クエスト出現も含めてじっくりやることにします。
 ちなみに、ポイント稼ぎやお金稼ぎの密度が異常に上がったのは、IDと接続機器を借りて自宅でやっていたからです(苦笑)。まぁ、毎日友人宅に通うのもアリだったんですが(えー)

2004/10/18

 ペースが落ち込みましたが、やっとハンターランクが19になりました。友達のおかげです。というか一人ではディアブロス2匹なんて無理ですし……オフラインのディアブロス6匹分(オンライン上位のモンスターの体力はオフラインのモンスターの3倍)と換算すれば、その無茶苦茶さが分かろうというものです(汗)
 一人でグラビモスマラソンができるようになったので、ハンターランク20への到達は割と早いでしょう。メイドセットはマラソンついでに貯まったお金でちゃちゃっと作ってしまいました。
 ちなみに、紅凛セットはメイドセットと違って戦力になりますので(笑)、オフラインで狂ったようにグラビモスを倒しまくって金を貯め、それで作っておきました。5分程度で9000〜12000z貯まるので、1時間で約100000z。で、それを5時間強。
 我ながらやり過ぎだと思います。

2004/10/11

 ハンターランクが17になりました。約十日で13から17……自分で言うのも何ですが、異常です(汗)
 先週末に友人宅へ自転車で遊びに行った時に雨で丸一日閉じ込められ、モンスターハンター以外にできる事が何もない(えー)という状態の中、想像を絶する密度でプレイしていた日があったことも一因にあるのですが……やはり、協力的な友達が数多くいた事でしょうか。現状ではプレイ不可能な上位のクエストをひたすらこなせたことが最大の要因だと思います。
 黄金魚のクエストを連続で消化していた時に雌火竜の逆鱗も手に入り、割と遠い目標であったはずの紅凛セットまで射程に入りました。
 必要なのはとにかくお金。メイドセットと紅凛セットだけでも100万近く……一人でも充分に金稼ぎができるようになるハンターランク19まではこのペースで突っ走ってしまうものと思われます。
 しかも、今日になって友人が黒龍クエストを出現させました。これをこなせば異常な効率でポイントを貯められるため、正に渡りに船です。15分でHRP2000って何ですか……?

2004/10/07

 今回の不手際からコンテンツを久しぶりに見返したのですが、今でも疑問に思っていることがあります。
 それは麻雀における天和、地和の定義、それと人和という役の存在そのものです。
 私が麻雀のルールについて初めて知った書籍によると、天和は親の配牌による上がり、地和は親の第一打牌による上がりでした。そして、人和という役は存在しませんでした。
 人によっては「何だよソレ」と思うかもしれませんが、役満としての役の重みを考えると、これ以外のルールは存在しないはずなのです。そして、これには絶対の説得力が存在します。

 天和を構成する牌は親の配牌です。親の配牌には初めから第一自摸牌が含まれていて、この自摸牌を天牌と呼ぶそうです。天和とはこの天牌――ゲーム上で唯一の存在によって成り立つ上がりなのです。そして、地和も地牌と呼ばれる親の第一打牌――ゲーム上で唯一の存在によって成り立ちます。
 つまり、ゲーム上に存在する唯一つの「天の牌」「地の牌」――これらによる唯一度の機会が上がりに結び付く稀有な現象、この希少性こそが役満と呼ぶに相応しいものなのです。ゲーム性の面から言えば、親と子それぞれにとっての「一つ目の牌による上がり」ということになります。
 これに比べて、人和はどうでしょうか。子の第一自摸や第一打牌……これはゲーム上にいくつ存在するでしょう? これが唯一つのものでないことは明らかですね。つまり、天和と地和に比べて希少性で劣るこの現象を天和と地和と同等のもの、役満として認めることが異常であり、そもそも無理があるのです。
 まぁ、人和と称される上がり方も、確かに希少なものではあります。しかし、天と地は唯一、そして人は唯一のものに非ず。人がこれに並ぼうとすることは、あまりに分不相応なことではないでしょうか?

 希少性においてこれに食い下がるような理論でしょうか、ポン・チー・カンなどの干渉しない、子の第一自摸による上がりを地和とするルールがあります(これが一般的らしいですね)。確かにこれも子にとっては唯一度の機会です。ですが、子が自摸を行う時点で上がる事が可能な牌(親の第一打牌)を既に一つ見逃しており、南家、西家、北家と手番が重なればそれは更に増えます。このため、難度の面では天和と大きな差があり、これを同じ役満と見做すには些か無理があります。
 それ以前に、親と子を同じ地位に置くのは如何なものでしょうか? 麻雀発祥の地である中国に古くから存在する儒教の教えからして、親と子には絶対的な差があって然るべきなのです。つまり、ゲーム上であっても親と子が同列に置かれるはずなどなく、点数計算などの細かなルールの違いだけでは親と子を区別できているとは言い難いのです。一つ付け加えると、このルールでは地牌が三つあることになります。やはり、ルールとしておかしいと言わざるを得ません。
 言うまでもありませんが、親のそれをも含む第一打牌による上がりを人和とするルールは支離滅裂という他ありません。誰ですか? そんなルールを考えた人は。

2004/10/05

 PSOBBのアカウントの延命処理を施すため、PSOBBの1Dayチケットがある地元のネットカフェヘ行きました。
 ……が。
 1Dayチケットは入荷予定? 何か公式サイトと店舗の状況が食い違っているのですが?
 などと先方の落ち度を非難するようなことを言いつつも、実は既にアカウントの保持期限である90日を経過していたりします。お互い様ってやつですね(苦笑)
 しかし、公式サイトでは今もアカウントが保持されているので、保証はされないものの、もうしばらくは平気っぽいですね。キャラを作り直すとIDが変わってしまうので、とりあえずはキャラクターを残しておきたい心境です。もちろん、消えたら消えたで諦めてしまうでしょうが。

2004/10/05

 マイキャラのハンターランクが13になり、手に入るアイテムや作れる装備のバリエーションが一気に増えました。実は10月に入る前のことだったりするんですが(えー)
 13になったといってもその時点ではクエストにまともなものがないため、一人では装備の材料も全く集まりません。ということで、ランクの高い友達にクエストを出してもらい、装備の材料を集める日々を過ごしました。更には友達の手が空いていない時にクエストのためにキャラだけ引っ張り出したりなどしていましたが、その甲斐あって欲しい装備が少しずつ揃ってきました。

 装備集めも一段落し、久々にオフラインで頑張ってみようと思い立ち、装備を全部剥がしてディアブロスに挑戦したのですが……
 案の定というか、予想以上にヌルくなっていました。全く歯が立ちません。オフ専でプレイしていた時はあと少しという所まで追い詰めていたはずなのですが、オンで封龍剣ばかり使っていたせいでランスが全く使えなくなっていました。
 ……再修業決定です。

2004/09/28

 突然にモンスターハンターがやりたくなって、友人宅へ行きました。オンラインプレイをする基盤が未だ整っていないため(整える気がないともいいますが)、オンラインプレイをするためには友人宅へ乗り込む必要があるのです。……ひどいですね(苦笑)
 しかし、そこまで頻度の低いオンラインプレイでありながらも、友人の協力もあってハンターランクが12になりました。あと一つでハンターランク13、装備に広がりが出てきます。実に楽しみです。
 ちなみに、オンラインでは装備の縛りはありません。クエストのランクが上がると敵の攻撃力が上がる仕様ですから……そのうち即死することになる、ということはもう分かっています(笑)

2004/09/27

 今更ですが、クイズマジックアカデミーなんぞに手を出してみました。友人とゲーセンに行っても何もせずに帰るということを連発していたことも理由にありますが、一番の理由はきっとキャラ萌えです。多分。
 早速カードを購入し、名前とキャラクターを登録したのですが……選んだのは己の萌えとはまるで関係のなさそうなマラリヤ。選択した5秒後に「あ……俺はどうしてこんな選択を?」と思った位です。が、よくよく考えてみると理由はありました。
 設定上でキャラクターの名前が決まっていて、なおかつ個性もはっきりとしているため、キャラクター性が分かり易いキャラを自分の名前と合わせて使うことに抵抗があったようです。まぁ、何といいますか……マラリヤが「一番分からない女キャラ」だった訳です(笑)
 しかし、私の直感は割と当たっていたらしく、予習で合格点に届かずお仕置きを受けるマラリヤが実に堪りません(えー)

2004/08/15

 今年はコミケへも行かず、カレーも食わない夏を過ごしています。……ありえねぇ。

2004/07/07

 とうとうろくな進歩もないまま5年目突入です。最近はカレーも食えていません。
 少し前に友人を連れてペルソナへ行ったのが最後になりますが、二度食ってみて確信。私の好みではないようです。ペルソナを出た直後にはたと気が付き、「欧風カレーにレッドチリ入れちゃいかんな」と言ったのですが、友人は一言「は? 何を今更」……これは結構屈辱でした(苦笑)

 一方でちまちまと続けているラグナロクオンラインですが……諸事情により引退が遠のきました(えー)
 理由は秘密です(えー)

2004/06/03

 マシンの復旧も終わり、マシンは安定しています。やれやれというか何というか。他にも色々あったのですが、マシンの調子とは一切関係のない諸事情により割愛します。
 先週辺りから友人に付き合う形でPSOBBを始めてみました。さくさく動いてプレイに違和感はないわ、アクセスは早いわと、中々楽しくプレイできています。……DC版からのプレイヤーがよくも飽きずにやるもんですね(苦笑
 一番気になる部分はマスターサーバ上にキャラクターデータを置いてチートは防げるのか? ということなのですが、フルスクリーンでしかプレイできず、タスク切り替えを殺している辺りからして、チートの対策は全くしていないようです。ここはこれまで通り、プレイヤー同士の自浄作用に任せるしかないのでしょうか。

2004/05/19

 マシントラブルが妙に多くてダレています。そんな間にも、間に合わせで復旧させたマシンを使ってROの移住申請をしたり、しばらく止まっていたモンスターハンターを再開してみたり、コンビニで偶然見つけた激辛スナック「デスレイン ハバネロ」を食ってみたりと一応ネタっぽい出来事はあったのですが、マシンが本調子でないために全てが自分の記憶の中だけに留まってしまっていました。

 一番ネタっぽいものとなると「デスレイン ハバネロ」となるわけですが……ネット上のあちこちで言われているほど辛くはありませんでした。辛い物好きが辛さを期待して食うと裏切られます。その上、大して佳味くもありません。
 何というか……やれやれ、といった所ですね。「デス」という単語に惑わされているのでしょうか?

2004/04/16

 キーボードに酒を溢しました。茶やら酒やら溢したのも何度目でしょうか……進歩がありません。
 一応は幾度となく経験した既知の状態故、冷静に対処したつもりだったのですが、水分の拭き取りが甘く、一部のキーの接点を焼くという最悪の事態を招きました。焼けた部分はほんの少しだったのですが、これで入力ができなくなる以上、最悪の結果に相違ありません。
 同じ失敗をこう何度も繰り返すようではなぁ……と自分に呆れつつ、ダメ元で接点の焼け焦げた部分をカッターナイフで削ってみたのですが……なんとこれで回復。
 同じ失敗を繰り返しつつも少しだけ進歩したらしいのですが、これは自分をどう評価すべきなのかと……
 ひとまず「同じ過ちを繰り返す愚か者」という評価で宜しいんでしょうか。

2004/04/07

 頭の悪いコラムを改訂しました。言葉の使われ方も少し変わったような気がするなーと思いつつ、自分の勘違いを正してみた……といった所でしょうか。
 折角なので少し突っ込んだ話でも付け加えてみようかと思っていますが、それはまたの機会に。

2004/03/29

 既に過去の話(27日)でアレなんですが、先日挫折したクエストは何とかなりました。むしろその後に控えていたゲリョス討伐の方が非常に面倒。色々あってやる気を失くしかけています。とは言っても、もうやりたくないなどということではなく、今現在、腰を据えてやる気力が沸かないだけなのですが。
 更に、そろそろ月1のラグナの日だったりするのですが、これもやる気が出ないというか何というか。とはいえ、「この日にやらないといけない」などと思って無駄な義務感を生じさせる位ならば、やらない方がいいでしょう。
 こういう時は「たかがゲーム」と思ってスッパリ切り捨てるべきなんでしょうね……ゲームであっても真剣に取り組んでしまう私としては。
 そっち方面がいい感じに無気力なんで、この隙に別のことに取り組もうと思っています。

2004/03/26

 リオレウスは何とか捕獲に成功。更にモノブロス撃破。で、その後のクエストで色々と新しい武器が手に入ったのですが、強化する為のお金が全く足りません。ハダカランサーでは時間効率が良い筈もないため、結構厳しい展開です。
 仕方がないので、クエストに直接関係ない部分での時間短縮を図るため、ランス以外の武器も使うことに。毒属性の片手剣で虫を叩いて叩いて、アイテムを剥ぎ取りまくると、比較的楽にお金が貯まるようになりました。
 しかし、防具は未だなし。実際には緊急クエストのキーアイテムとなる防具だけ作ったのですが、装備していません。まぁ、意地ですか(笑)
 先日挫折したオンのクエストも、使っていなかったアイテムを駆使することで何とかなりそうな気配なので、防具を着込むのはまだまだ先になりそうな予感。というか、果たして着る事があるのでしょうか(えー)

2004/03/21

 今度はリオレウス捕獲……何故かほとんど隙を見せず、やけに苦労してます。

2004/03/20

 リオレウスを倒しました。爆弾などをフル装備し、徹底した戦法を打ち、何とか撃破。防具なしでも何とかなるもんです。
 その後、友人宅でネットワークプレイをしてみましたが……とあるクエストでソロプレイを完全に否定されました。くじけそうです。
 オフラインのクエストを全部終わらせるまではハダカランサーのまま頑張ろうかと思っていますが、オンで多人数プレイをする時の為に防具も充実させておく必要がありそうです。一度だけオンライン上で挨拶をされた(この時は私のキャラが見えていなかった)のですが、防具なしの私を見た後に反応がなくなり、そのままいなくなってしまいました(苦笑)
 まぁ、当然ですね。防具なしですぐに死にそうなプレイヤーと一緒に戦おうという人は滅多にいないでしょう(笑)

2004/03/19

 いつの間にやらモンスターハンター開始。私が買ったわけではないのですが、あるのでやってしまっています。

 まずはランスだ、ランス! ということでナイトランスを製作、ひとまずそいつを強化できる所まで強化しました。初期装備なんてあってもなくても大差ないだろうと思い、初期装備の購入資金までランスに突っ込んでいたわけですが……ランスの強化に明け暮れる余り、実は未だに防具なしのハダカランサーです(笑)
 ハダカランサーでも結構やって行けるもので、現在は火竜リオレウス討伐のクエストに挑戦中です。……既に目的が違っていますが、これが普通です。気にしないで下さい(えー)
 しかし、さすがにきつくなって来ました。一番痛い攻撃を食らうと体力ゲージが半分以上減り、そこでピヨるともう一発食らって即死コンボ。しかし、この問答無用の強さが対ドラゴン戦って風味でいいですね(なんか違う)
 ……そんなわけで、頑なに防具製作を拒む自分がそこにいます。
 何度もやられているうちに少しずつ慣れてはきたんですが、リオレウスは未だ倒せず。もう少しという所までは追い込めているので、そのうち倒せると思います。

2004/03/12

 一ヶ月以上だんまり。情けないというか不甲斐ないというか。
 そんな間にも、まゆらが誕生日を迎え、だいなファイラーが更新され、Sealからの撤退を決意し、友達の家でモンスターハンターに触り(えー)……と色々あるにはありました。
 モンスターハンターを少し触った感想ですが、キャラクターの経験値を稼ぐ必要がないゲームということで楽しくプレイできそうな気がしますね。もちろん、プレイヤーの経験値は稼ぐ必要がありますけども、それはそれで楽しいのではないでしょうか。
 それはさておき、携帯時と戦闘時で伸縮するランスが燃えます。男の武器ってイメージが沸いてグーですね。無論、持たせるキャラは女です(えー)

2004/02/01

 風邪をひいてしまいました。一週間程この状態が続いています。
 症状は悪化こそしないものの、回復する様子が全くありません。これはヘコみますね……。

 そんな中、様子見とアカウント維持を兼ねてチケットを1枚だけ使い、ラグナをプレイしてみました。どうせ回復する様子もないんだし、と半ば投げやりになっていたのもありますが(苦笑)
 ……その割には、交友範囲が広がったこともあって、結構楽しい2日間だったり。で、ネタのつもりでクリスマスイベント時に放置していたプレゼントボックスを開けまくってみると、最後の一つからサンタポリンカードが……。
 偶然の産物なのに、何か作為的なものを感じます(汗)

 ちなみに、Sealはやったりやらなかったりで、結構いい加減です。
 しかし、どうしてSound TeMPは私のツボに来るような曲ばかり作りますか。おかげで、ゲームはやらずにいても、曲だけは聞きまくってます。
 ラグナの曲は主に世界の雰囲気を重視したものになっていますが、Sealの曲はそういった部分を無視した曲が比較的多く見られます。基本的にはメロディやテンポを重視した曲が多く、どちらかと言うとSealの方がより深くツボに来ますね。
 ラグナと同様、クライアントを落としてインストールするだけで聞くことができますので、興味のある方は一度聴いてみてはいかがでしょうか。

2004/01/24

 話題には挙げたりしませんでしたが、「目隠しの国」完結です。筑波さくら先生、お疲れ様でございました。
 他の雑誌の読み切りに手を出していなかったというのはファンとしてアレかもしれませんが……まずは次回作とコミックス最終巻を楽しみに待つことにします。
 いやー、仙台のサイン会からもう2年半かぁ……長かったような、短かったような。

2004/01/10

 SealOnline公式のリンクを辿って色々見ていると、したらばの魔法士スレに辿りつきました。ないことはないだろうとは思っていたものの、やはり廃レベルの世界が展開されていました。
 情報収集という点では悪くないんですが……ラグナをプレイしている時と同様の感覚が蘇ってきてしまって、どうにもへこまずにいられません(汗)
 ……見なきゃ良かったかも。

2004/01/09

 と思ったら対策サッパリだったらしいです!
 チート祭りが発生していて、もう……
 自分のキャラの名前をログに出したくなかったので傍から黙って見ていたのですが、祭りで発言しているプレイヤー達の如何に低俗なことか……。
 まぁ、人が沢山集まるMMORPGだからして、そういう輩がいても当然なのですが……。トレカゲーとネットゲーだけは子供にやらせちゃいけないと切に思いました。これは子供をダメにするゲームです。

2004/01/08

 SealOnlineでいきなり巻き戻しが!
 ここ2、3日頑張っちゃっていた私は巻き戻しの影響も大きいのですが、それはさておき。
 チートの影響が甚大になったという理由での巻き戻しはベータテスト中の今だからこそ比較的簡単にできることであって、運営チームの姿勢を示す手段としては最高の威力を発揮してくれるでしょう。
 これはもう、このままラグナから遠ざかるかもしれない勢いですね。まぁ、そもそも今のラグナに何を求め、何を期待すればいいのかと小(以下略

2004/01/07

 上げておきながら言うのもなんですが、4ヶ月振りに書いた日記はネタのネの字もなく、「つまらない」と本気で思いました。
 本当にすみません。

2004/01/07

 日記の内容で夏コミの次に冬コミが来るという、実につまらない生活を送ってしまったことを今更ながら後悔している今日この頃ですが、皆さんは年末年始をいかがお過ごしだったでしょうか(挨拶)
 期待通りと言いますか、ラグナをプレイする気が起きません。……いや、予想外なんですけどね。

 友人に誘われて始めたSealOnlineが結構面白かったとか、ゲームキューブのNARUTO2(対戦格闘)がかなり面白かったとか色々ありますが(をい)、決定的なのは比較対象となるシールをプレイしたことによって「ガンホーのサービス水準が最早あり得ないレベルにまで達している」ということを確認したからでしょう。
 ラグナはズルズルと流されるように……ではなく、確固たる目的があってプレイしていますので、引退することもなく、手を付けたらそれなりにプレイはするのでしょうが。
 今後どうするかは、ここでは考えない方向で。
 ちなみに、クリスマスイベントは途中で飽きました。あまりの締め付けっぷりからして、BOT推奨ゲームとしか思えません。


[ トップページ ][ 雑記 ] > [ 2004年の雑記 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]