不定期更新日記 - September 2000 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2000年 9月 ]

2000/09/08 音ゲーはどんどん難しくなっていきますねぇ、ホント

 当初の予定通りにまささんの車で大和に連れて行かれる……もとい、連れて行ってもらった。目的は言うまでもなくギタフリ4th。1プレイが100円なので練習には最適……というかここ以外でやる気があまり起きない。
 新曲をある程度プレイし、手応えを掴む。気に入った曲はGIANT SLAG、I'M GONNA GET YOU、CARNIVAL DAY、NEWSPAPERの4曲。EXTRAのCLASSIC PARTY2をマスターしないと次の曲、DAY DREAMができないのが痛い(CLASSIC PARTY2をSランクでクリアするとこの曲が追加される、とのこと)。諸事情によりそこまでクリアする必要が出てきたらしいので、EXTREMEではなくEXPERTでプレイすることに。何はなくともまずクリアしないことには。

2000/09/10 ナコルルソバット最高〜(壊)

 友人宅へ行き、CAPCOMvsSNKのセーブデータを頂いてきた。全キャラ使用可能のデータだ。早い話がさっさとナコルルを使ってみたかったのである(笑)
早速使ってみる。リーチこそないが、フットワーク、連続技のつながり共に良好で、早くもチームリーダーの座にのし上がる。使いでがどうであれ、投入することは既に決まっていたような気がしないでもなかったのだが。
 ……とはいっても、格ゲーでは既に現役を退いた身だ。ジョイスティックがまともに扱えないあたり、ゲーセンでプレイするのは諦めた方がいいかもしれない(笑)
 笑い事でもないような気はするが、無駄に金を使うこともなくなったのでよしとしよう。

2000/09/16 無心

 両親が連休を使って田舎に帰ったので、自分が黙ってさえいれば家の中はひたすら静かだ。よって、この所滞っていたお絵かきに没頭する。お絵かきとはいってもキャラクターデザインを固める作業であって(それがきついと言っちゃきついのだが)、スキャナーでスキャンしたり線画に色を塗ったりという以前の段階なのである。
 修正に修正を重ね、やっとのことで固まってきた。しかし、消しゴムを何度もかけまくるので画用紙が毛羽立って困る。漫画用原稿用紙を使おうかと思ったのだが、天気が天気なので外にも出られない。仕方がないのでひたすら修正。テレビも付けない。BGMも一切なし。久しぶりに気合が入った。

2000/09/17 一日ずつプレイする人には納得行かない仕様

 両親はお出かけ中。今日もお絵かき……なのだが、さすがに夜通しの作業で朝の9時までは根を詰めすぎた。目を覚ましたのが昼過ぎの2時前。まだ眠いのでぼーっとしつつ頭を休める。気が付けば雨も上がっている(いつ上がったのか分からないあたりがマズイ)。
 夕方を過ぎた辺りになって、外へ。漫画用原稿用紙を買いに出かける。用途は使い捨ての画用紙に等しいため、高いものを買った所で勿体無い。そこで、横浜に出ようかと考える。横浜なら地元にあるもの(アイシー)と比べて安い原稿用紙(デリーター)が手に入るのだが、その差額より電車代の方が高いのでは本末転倒だ。横浜に出るようなことはせず、さっさと買って帰ることに。

 先日買ってきたKanonをプレイしてみることにした。金曜日に友人の家に遊びに行った所、友人に「うぐぅ、どう?」とか訊かれたので(笑)ひとまずその質問に答えられる位にはした方がいいと思ったのである。さすがにじっくりプレイする心理的余裕はないのでちょっとだけ。もちろん、フルボイスモード。そうでないと質問に答えられないのだから(笑)
 ……では早速プレイ。

女の子「雪、積もってるよ」

 ……違う。何か名雪ぢゃないような気が。一発目から不安になる。秋子さんは問題なかった。「了承」とか言われてもしっくり来ることだろう。
 で、本題のあゆは……。……何だかなぁ。目をつぶるとマルチ、というのは言い過ぎだろうか?
 ひとまず全員の声を聞くまではプレイするつもりだが、それがいつになるかはちと分からない。

 そういえば……日付、曜日の画面でセーブができないのは致命的な欠陥だと思う。バグではないが、あれはあまりにも納得が行かない。

2000/09/21 もうついていけないかも

 別に大したことではないのだが、訂正する事柄ができた。ギターフリークス4thのエキストラステージ「CLASSIC PARTY2」についてだが、実はSランクでクリアできなくてもアンコールステージの「DAY DREAM」が出現する。おそらく、評価の基準はスキル値ではなかろうか。
 もちろん、「DAY DREAM」はクリアできない。普段やらずにいて腕が落ちているのだから、初見でクリアできるはずもないのだが。しかもEXTREMEで始めたため、あっという間にゲームオーバー。呆然。

2000/09/28 遠征。楽しゅうございました

 まささんに再び連行される。どこへ向かったかというと、これが水戸なのである。自分をとある人に紹介したい、ということなのだが。
 朝の6時にまささんに車で迎えに来てもらい、自分を拾って即座に水戸へ……9時前に到着した。
 水戸で会ったのはまささんのHPのリンク先、「ゲーセンマップ−2」の管理人RINAさん。ビートマニア3のダブルプレイのインターネットランキングでの優勝者でもあり、早い話がすごい人なのである。早速プレイを見せてもらうが、どうも調子が悪そうだ。何と風邪で体調が悪いにも拘らず、無理を押して来てくれていたのである。あと、一週間のブランクも効いているとのことだ。
 場所を変え、別のゲーセンにポップンミュージックのアニメロ2号をプレイしに行く。私はできないので見るだけだが(笑)。しかし、プレイ内容が何とも恐ろしい。様々な曲をハイパーモード(激ムズ)でさくさくクリアしていくのである。自分はただ呆然として見ているしかない。しかも、その後にはビートマニアのコンプリートミックスを始め、GENOM SCREAM やら HELL SCAPER やら SUPER HIGHWAY やら、難度トップクラスの曲をアナザーでバシバシクリアして見せてくれるのであった。これも滅多に見られるものではない。
 昼過ぎになって昼食をどこにするかで悩むが、水戸に着いてからずっと気になっていた「元祖じゃんがららぁめん」なる店へ行くことに。じゃんがららぁめんは秋葉原に行った時に食べることもあるが(最近は食べた覚えがない)、何かしらの違和感を感じつつ店内へ。
 おや?メニューが違う。水戸に店舗などあったか?と思っていたのだが、やはりというかまるっきり別のお店であった。とんこつを使っていること以外に同じ部分が全くない。材料は脈絡もなく各地から色々と集めてきたものだし、じゃんがらという名前の由来についても、何とも苦笑せざるを得ない(ここでは触れないことにしよう)。
 味についてちょっとだけ触れると……。とても9時間煮詰めたとは思えないほどあっさりしたスープだ(笑)。野菜や鰹節、ハーブが材料になっているらしいが、塩っ気もなければボリュームもなく、パンチ力がまるっきり感じられない。一緒に具を食べると具の味がして、スープににんにくを入れるとにんにくの味がするのだ(汗)
 自分の舌にそれほど自信はないし、味の濃いラーメンに慣らされていてさっぱりしたラーメンを求めてはいるが、この味は一体……。結局は最終的な判断を下せずに、その後も家に帰るまで延々と悩みつづける羽目になってしまった(笑)
 昼食後、初めに来たゲーセンへ戻り、各々好きなものをプレイしつつ、見物しつつまったりと過ごす。自分だけはまったりとしつつもじゃんがららぁめんのことで悩んでいたのだが、RINAさんが自分の挙動を不審に思ったらしく、ことあるごとに「じゃんがららぁめん、決着つきました?」と(笑)。何だか泣きっ面に蜂な感じがした(泣)
 午後3時を回る頃、それぞれに疲れが出始める。何せメンバーの大半が本調子でないのである(RINAさん→風邪。まささん、自分→寝てない)。頃合いだろう、ということでまずRINAさんが帰宅。まささんと自分は少し休んでから帰ることにした。
 途中、まささんを改めてじゃんがららぁめんの感想を話し合ってみたのだが……結局、二人とも苦笑するしかなかったのである(笑)


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2000年 9月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]