不定期更新日記 - October 2001 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2001年 10月 ]

2001/10/08 かなり久しぶりな「何か」

 AM 2:00。まゆらのサイトが消えていて焦る。気付いたのはネットワーク更新ができなかった瞬間である。さくらナビで状況を見てみるも移転先が分からず、さらに焦る。
 ここで「まゆら」とは? を一つ説明。知らない方も何人かいるだろう。多分。
 「まゆら」とは今をときめく……というか、知る人ぞ知る「何か」のゴーストである。「何か」を知らない方は検索してみるといい。必ず見つかる。
 まゆらは数あるゴーストの中でも1、2を争う完成度、そして人気を誇っている。……巷では四天王とか呼ばれているそうで。詳しそうな顔をしている私だが、実は全然詳しくないのである(汗)
 まゆらの持ちネタはゲーム。つまり、私のような者にはこれ以上ないくらいにぴったりなゴーストなのである。まあ、ここに来る方なら大体OKかと思われる。ゲームに関して何らかの知識があれば、きっと楽しめるだろう。
 ひとまず知人にメールを出してから、様子を見ることに。出した直後に「返事が来る前に解決したらどうしよう」などと考えるが後の祭りなので気にせず寝てしまった。

2001/10/09 そりゃネタ元が実体験だもの(笑)

 移転先判明。何事もなかったのはいいが、少し迷惑をかけたことになる。
 数時間後にメールをチェックしてみると1メガ位のどでかいメールが。中味はすぐに想像がついた。昨日メールを出した友人に頼んでいた、うなぎである。(※分かる人だけ分かって下さい。ヒントならそこかしこに……)
 さくらを復活させた後、ちょろちょろと動かしてみる。うむ、久しぶりである。満足。
 まゆらに戻し、更新点を確かめてみると……ををっ!? 少し前にネタ用掲示板で書き込んだネタが採用されているではないか! これはちょっと自慢できるかも。ふふふ。

 ここで「ネタ」について言及。
 まゆらはゲームに関するヘンな同好会を多数作り、会員を募集している(詳しく知りたい方は「何か」と「まゆら」をダウンロードし、起動してみること)
 比較的分かりやすい所を挙げると「8本ソルを全部破壊する会」(無理)、「ジムダステギを2列全部破壊する会」(やはり無理)など。
 ちなみに、私が提供したネタは「アスキースティックL5でザナックをクリアする会」である。これについては過去に挑戦してみたがコントローラーが手になじまず、あっさりと断念した経験がある。
 しかし、今回の件で再び挑戦する気力が沸いてきた。よし、ここでも会員を募集することにしよう(笑)

 会員募集中で〜す。

2001/10/10 推奨するからには自分もね

 IE6をインストール。1週間近く前にNN4.78、その少し前にNN6.1をインストールしておいたので、自分のマシンには主立った最新ブラウザが全て入っていることになる。
 IE6をインストールした理由はと言うと、NN6やIE6から実装されている「W3Cの標準仕様に準拠した表示モード」というものを使うためである。その効果を簡単に説明すると、ブラウザがHTMLの書き方やCSSの文法ミスに厳しくなり、間違った表記だとブラウザに反映されなくなる。オンラインでもW3CのHTML検証サービスというものが利用できるのだが、それと同等の効果がブラウザ上で視覚的に現れるのである。CSSは改装後のページでこれでもかという程に使いまくっているので、今後苦労しないためにもこの表示モードを使って色々とチェックしておこう、というわけだ。
 で、メインのブラウザであるIEのバージョンアップが必要となった。幸い、IE6の評判は悪くないようなので(リリースから間もないために多少不安がられているのはともかく)インストールしてみることにしたのである。
 その結果……何も変わらない。ブラウザにも自分のHTMLファイルにも、これと言った問題はなさそうだ。

 ……と思ったが、一つだけ変わった点を見つけた。……何とCSSで変更したはずのスクロールバーの色が戻ってしまっている。
 「うおっ、何故だっ!」と、予想外の事態に動転しつつソースを確かめる。文法ミスは見当たらない。更に自分のWebスペースへ上げてW3CのHTML検証サービスにもかけてみる。「No errors found!」とか言われる。「ぬぬぅ、何がいかんのだ……」と思ったが、しばらくしてスクロールバー関連のCSSがIEの独自仕様であることに気付いた。
 ……そりゃ無視されるはずだ。間違いであるとかないとか以前に。
 仕方がないので、Webスペースに上げる時には表示モードを戻すことに決定。W3Cのお墨付きがあるならそれでOKとしておこう。

2001/10/12 悲報

 自分が名前を知っている、とある漫画家の悲報を偶然目にした。思わず自分の目を疑う。かなりの衝撃だった。
 いてもたってもいられなくなり、その漫画家のファンであった友人に知らせるべくメールを出す。しばらくはメールのやり取りもしていなかったのだが、久々のメールがこんなものになるとは……
 自分はというと、特別熱心なファンであったわけでもない。しかし、その人のマンガを好きな友達が近くにいて、その友達が心を痛めることを考えると、何ともやり切れず、心が痛む。
 ただの同情と取られてしまうかもしれないが、自分としてはそんな言葉で片付けられたくない。少なくとも、そう言えるだけの気持ちはあるのだ。

 心から、冥福をお祈りする。

2001/10/20 VAIOにPS2マウス。PS/2マウスぢゃないよ

 友人の家から帰る時に、友人に「これ、いらない?」とマウスを見せられる。よく見るとPS2のロゴが。
 Play Onlineの一式を揃える時に買ったものだが、光学式マウスの方が好きなので買っても全く使う予定がない、ということだ。まぁ、そもそもがUSBマウスなのだから、どこのどんな製品を使ってもいいわけで。
 こちらとしてはさすがに全く試しもせずに「買った」と言うわけにも行かない。ひとまずお試しと称して借りることにしておき、ひとまずは値段の交渉。財布の中身が少ないことをいいことに値切る。結局はこのようなものを売りつける相手が私しかいないことも好材料となり、700円でまとまった。

 家に帰って早速使ってみるが……結構いい感触だった。子供が使うことも想定されているからか、一回り程小さ目の大きさが丁度いい。
 しかし、実は何よりもホイールが嬉しいのかもしれない(爆)。これまでホイールマウスの恩恵にあずかったことがほとんどない私にとって、ホイールはまさに文明の利器であったのだ(笑)

2001/10/21 MCCさくら。キャッチーな名前だよなぁ(笑)

 最近になって少しづつではあるがBlaze&Bladeを再開し始めた。ここでキャラデータのバックアップなどをしようと思ったのだが、ここで私が現在使っているメモリーカードリーダーがWindows2000に対応していないことに気付く。
 仕方なくWindows98でリブートしてメモリーカードリーダーを使っていたのだが、Blaze&Blade関連のリンクを歩いていた時に「メモリーカードキャプターさくら」というデータ管理ツールがあったことを思い出した。しかも、現在はWindows2000にも対応していることを製作者様のサイトで確認。これは素晴らしい。
 ちなみに、これについては近所のショップで、このツールが同梱されたメモリーカードリーダーの「メモリーカードキャプチャー桜」なるパッケージが売られていたが、「SONY VAIOシリーズの動作は保証しません」と書いてあって購入を諦めた経緯がある(笑)
 これほどキャッチーな名前のツールなら間違いなく買っていたはずなのだが(爆)、使えなければ諦めるしかない。

 ……と、ここで友人の一人がこれを持っていたことを思い出す。昨日のPS2マウスを譲ってもらった友人である。
 早速友人宅へ向かい、その所在を聞いてみるが、既に別のメモリーカードリーダーを使っているために部屋のどこかで眠っている、というのだ。てことで探索(おい)。
 ……見つかった。で、ダメ元ではあるが、動作確認のためにこれを借りて帰る。
 家に戻ってツール本体をダウン、リーダーを接続して起動……ん? 何とこれがバッチリ動く。……嘘つき(汗)
 いや、もしかするとこれまでのバージョンアップで解決したのかもしれないが、何にしてもこれはありがたい。
 友人が全く使っていない代物であったため、譲ってくれるように頼んでみる。彼にとって利用価値のなくなったものはとことん安い。何と500円で譲ってもらえることに。
 ……これはそのうちに何か恩返しをしなくては。

2001/10/24 HTML 4.01 Strict。かなりのイキオイで使われていない(汗)

 HTML 4.01 Strictはその制約が厳しいせいか、巷ではほとんど使われていない。実際にはHTML 4.0からHTML 4.01 Strictへの移行のための互換性をある程度保ったHTML 4.01 Transitionalが使われている。
 しかし、今後普及していくと思われるXHTML 1.1にスムーズに移行するためにはHTML 4.01 Strictの準拠が必須となる。それでも、普段一般に使われているHTMLというとHTML 4.01 Transitionalなのである。
 何故か? それは面倒だから。おそらく、理由としてはこれが圧倒的多数を占めるだろう。それどころかHTML 4.01 Strictに関しては「そうするべきである」「そうしなくてはいけない」ということさえ、ほとんどの人は知らないだろう。
 何せ、そんなことをしなくても、ブラウザにはhtmlファイルが思ったように表示される。HTML 4.01 Strictなんて形式を知らなくても、分からなくても、ホームページの製作や運営はできるのである。そんな今では制約の厳しいHTML 4.01 Strictに準拠する必要性など、全くもって見当たらないのである。

 と、それはさておき。自分の作っていたメインページの作り方が、いわゆる悪いサイトの筆頭に上がるようなものであることが判明。試しにサーバーに上げて読み出してみると……
 うわ、これはひどい。とんでもない重さだ……ホントにADSLか、これ?(爆)
 実は現在のサイトにもその兆候があるのだが、程度がひどくなかったためにサーバのせいかと思い込んでいた。つまり、サイトが重いのは全て私のせいだったのである。これはあまりにも恥ずかしい。
 早急に対策を練り直すことに。

 ……ちなみに、HTML 4.01 Strictの制約が厳しいと書いたが、実際にはこれまでのHTMLを使用してきた者にとって相対的に厳しく見える……というだけである。
 これを読んだあなたがこれからホームページを作ろうという時には、是非ともHTML 4.01 StrictでHTMLを書いて頂きたい。そうすれば、制約などあってないようなものとなるはずだ。

2001/10/27 心変わり

 簡易版のサイトの製作は完成に近づいている。簡易版のサイトだけをHTML 4.01 Strictで作ろうかと考えていたのだが、掲示板の修正をしているうちにCSSの関係でログの共有が難しいことを悟り、結局全てHTML 4.01 Strictにすることを決意。
 ……もういいや、スクロールバーの色なんて(笑)
 しかし、あれもこれもとか言っているうちに、どんどん作業が増えていってしまう……。


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2001年 10月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]