不定期更新日記 - May 2002 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2002年 5月 ]

2002/05/09 かちゅーしゃ

 『何か最萌えトーナメント』の会場であるもどき板で転送量増大による障害が出てきたため、大会の運営がストップしてしまった。現在はサーバーを移転するなどの対策で状態は快方に向かい、スケジュールの調整、今後の対策で議論が交わされている。

 現在では転送量削減のため、2ch用ブラウザの使用が推奨されている。もちろん、最萌えに参加している者としてはかちゅーしゃを使わないわけにはいくまい。
 元々2ちゃんねるなどを見たりする習慣が皆無だったため、その存在は知っていても使うことがなかったのだが、導入してみると、これが実に快適。普通のブラウザでは全て読み込まなくてはならなかったところを再度読み込む必要がないため、データの転送量は確実に減る。仮に最萌えの参加者全員がかちゅーしゃを使おうものならば、これはかなりの転送量削減が見込めるはずだ。
 実際の話、投票が相次ぐ試合終了30分前に、投票するタイミングを計る余りに何度もリロードを繰り返してしまうこともあった。これを考えると、「一回投票してハイ終わり」というスタイルでもない限りは、専用ブラウザの使用は必須だろう。
 参加者である限りは、あらゆる面で大会に貢献していかなくては。
 可能なことから、少しずつ。

2002/05/18 カレー開始。

 神保町へカレーを食いに行くことにした。どうやらカレーにハマったらしい。
 友人を一人誘おうとして連絡を入れると、友人の車で秋葉原へ買い物へ行くとのこと。己の目的に「城爪草さんの同人誌(Cレヴォの)を買いに行く」というものがあったので、実は好都合だったりする。買い物を済ませてから合流し、神保町へ歩き始めた。

 向かった店は横濱カレーミュージアムにも出店している「エチオピア」。それと、そこから近い場所にある「カーマ」という店。実はそこまでの経路上に、これまた横濱カレーミュージアムに出店している「トプカ」という店があるのだが、神保町寄りというよりは秋葉原寄りの場所にあるため、敢えて保留した。「カレーを食う」という確固たる目的がなくても、行くことが充分に可能だからだ。

 エチオピアのカレーは特に説明する必要もないかもしれないが、見た目は欧風、中身はインド風というカレー。己が割と辛いもの好きなことから、入った時には「メニューの中で一番辛いものを頼もう」と考えていた。
 しかし、メニューには「辛さは70倍まであります」と書かれていて、それを見た瞬間に衝撃が走る。「な、70倍だと!?」
 ちなみに、以前食べた秋葉原の「ラホール」の極辛カレーは5倍という表記ながら、かなり辛かった。それを基準にして考えると、70倍という倍率は何とも空恐ろしい。怖気づいた私は、メニューとして普通に存在する大辛(10倍)を頼むことにした(笑)。で、友人は辛口(5倍)を頼む。
 食べてみると、ラホールの極辛ほど辛くはなかった。食べていて目に涙がにじむ位の辛さではあるので、一般的にはかなり辛いはずだが。目に涙がにじむとは言っても、それが苦痛というわけでもないので、怖気づいたことを後悔する。メニューを頼んだ直後に友人が言っていた「ふっ、怖気づいたか」というセリフを思い出し、それがグサリと突き刺さる(笑)
 ……次に来た時は30倍位にしよう。

 少し時間を置いた後、カーマへ行く事に。場所を確認してから休憩していた所に友人から連絡が入り、面子が一人増えた。
 カーマではチキンカレーを頼む。水っぽく、さらさらのカレーは日本人には余り好まれないらしいが、口の中で一粒一粒がよく分かる位に弾力のあるご飯とさらさらのカレーが実に合う。欧風カレーの場合、ご飯とカレーの配分を間違えてご飯だけが多めに残ってしまうことがあるのだが、カレーが全体にかかっているため、それが起こりにくい。決してそれだけの理由ではないのだが、個人的には欧風カレーよりもインド風カレーが好きらしい。ちなみに、インド風カレーを食べたのは今回が初めてだ。

 しかし、どちらのカレーも実に美味かった。
 実際の話、こうして紹介などする必要もない位に有名な店なのではあるが、カレー好きなら一度は行っておきたい名店だと思う。

 余談になるが、ラホールではお皿の上のカレーが切れてご飯だけが残ってしまった時に、カレーを足してくれる。実にいいサービスである。


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2002年 5月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]