不定期更新日記 - june 2003 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 6月 ]

2003/06/21 カレー屋巡り再開

 久々に食ったことのないカレーを食いに行くことにした。ここ最近はエチオピアに行くことが非常に多く、実際の所それだけで満足できる位なのだが、狭い世界で満足してしまうのは、やはり勿体無い。食ってないカレーはまだたくさんあるのだ。

 今日行った店は「元祖櫓」。この名前は居酒屋をしている時の名前で、カレー屋をしている時には「GANSO YAGURA」という別の看板が表に出ている。ここのカレーは以前に友人と食いに行ったことがあったのだが、日記には書かずじまいだったのである。
 ちなみに、以前食べに行った時は日替わりメニューのホワイトカレーを頼んでいた。この店が話題にされる時には必ずと言っていいほどホワイトカレーが挙げられ、幻のカレーとすら言われることもあるらしいが、初めて入った時にそのホワイトカレーを食べたためか、幻というイメージも全くない。辛さも全くと言っていいほど感じられないまろやかなカレーなので、インパクトはそれほど感じなかったのが正直な所だ。
 今回はチキンカレーの5辛を頼むことに。以前検索でこの店を調べた時に「かなり辛い」という情報を得ていたのだが、2回目以降の来店ではそれ以上の辛さも選択可能な辺り、辛くて食べられないということはまずないだろうと考え、躊躇することなく5辛を頼んだ。
 目の前に出てきた5辛のカレーは……予想通り、それほど辛くなかった。一口二口と食べただけで口が辛さに慣れて、カレーのうまみがすぐ分かるようになる。以前食べたマンダラ(これも日記には無記載)のカレーと似たクリーミーなカレーだった。大体の作りは同じだと思うのだが、記憶が曖昧なため、似ているというイメージしか思い出せない。加えて、マンダラのカレーを食べた時は店の雰囲気が自分に合わなかった(悪いという訳ではない)ためか、あまりカレーの味が頭に残らなかったのである。
 何はともあれ、佳味いカレーだった。曖昧な記憶からマンダラの味を引きずり出して比べるに、マンダラよりスパイスの味が前面に出ていて、こちらの方が自分の好みに合っていた気がする。そして、何よりも値段が違う。元祖櫓のカレーはランチメニューであり、サラダとちょっとしたデザートが付いて780円。対してマンダラは最低限の構成でも軽く1000円を超える。自分の舌でケチをつけるような要素はマンダラ、元祖櫓のどちらにもないため、どちらを取るかといえば当然、元祖櫓となる。相当好みに合ったものでもない限り、1食で1000円以上出すことはないのである。

 この後、秋葉原へ歩き、何を買うでもなくふらふらと歩き回る。途中、コムサテライト3号店でVIAの新型CPU「C3 NEHEMIAH」のイベントがあったのだが、その最後に催されたジャンケンプレゼント大会で見事に勝ち残り、最新のC3を頂いてしまった。
 よっしゃ、最新CPUゲットー! とは思ったものの……C3はsocket370のCPUであり、私はsocket370用のマザーボードを持っていない。……さあ、どうしたものか(汗)


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 6月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]