不定期更新日記 - July 2002 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2002年 7月 ]

2002/07/14 30倍

 神保町のエチオピアへ、再びカレーを食いに行った。
 もちろん、メニューは既に決まっている。辛さ30倍のチキンカレーである。

 昼頃に家を出て、新橋を経由して神保町へ。エチオピアに着いたのは2時前であった。
 早速注文をし、辛さについて訊かれたところで「30倍で」と答える。店員の対応に何の変化も見られないところを見ると、別に珍しいことでもないのだろう。これが50倍、70倍となると、どうなるのか分からないが。
 先に出てきたジャガイモを平らげ、黙って待つ。そして出てきた大盛りチキンカレー。量が多いらしいという情報は前もって得ていたのだが……かなりの量だった。
 そして食べ始める。辛い。しかも熱い。熱さのせいで体感できる辛さがとんでもないものになっていて、叩き付けるような辛さが舌を直撃する。ちなみに、前回食べた大辛口(10倍)との差は……実はあまり分からなかった。倍率の基準など全く分からないのだが、この分だと50倍、70倍のカレーを食べても、とにかく辛い、熱い、ということ位しか分からないかもしれない(汗)
 まぁ、ちゃんと食えることだけは間違いなさそうなので、いずれ食ってみようとは思うのだが……。
 時間をかけてゆっくりと食べていく。結局30分かかった。残りが少なくなってきた所でカレーが冷め、ようやく元々の味と辛さが舌で分かるようになっていたのだが……やはり辛い。
 それと、大盛りにすると量の変化が激しい。よっぽどのことがない限り、大盛りにはしなくても良さそうである。

 ……次は50倍である。やはり、食ってみるしかあるまい。

2002/07/20 カレー屋巡りは続く

 友人から電話が来て、まだ食べてないカレーを食うために神保町へ行くことになった。神保町では日曜日に開いていないカレー屋が多いため、土曜である今日に友人から電話がかかってきたのである。
 まだ行っていないカレー屋で有名な所というと、マンダラ、ペルソナ、共栄堂、まんてんなどが挙げられるが、とりあえず行く機会の少なさそうな所から行ってみようというわけで、神保町からはそこそこ遠い所にある、まんてんから攻めることにした。
 しかし、不幸なことにまんてんの位置については大まかな位置と方向しか調べていなかったのである。二人とも特別急ぎの用もなかったため、ふらふらと歩き回りつつまんてんを探すことにした。
 しかし、途中に友人から電話がかかってきて、その話の中で重大な事実を知ることになる。

「今日、土曜じゃないよ?」

 そうだった! 今日は祝日だったのだ! 実は、二人ともこのことに気が付いていなかったのである(笑)
 これではほとんどのカレー屋が閉まっているはずなのであるが、それでめげる我らではない(笑)。ひとまず店の位置だけでも知っておくために、ひたすら歩き続けた。
 が、甘かった。ただ時間と体力を浪費するだけにとどまる。初めは正確な場所を知らないマンダラ、ペルソナ、まんてんを探し、いずれの場所でもカレーを食べることができなかったら共栄堂で食べることにしようというプランができていたのだが、この時点では共栄堂でカレーを食うことも諦めてしまっている。残る手段はエチオピアの50倍カレー(もちろん私だけだが)である。自分としては特別問題はないが、友人はまだ食べたことのないカレーを食うことを楽しみにしていたため、やや不満気である。しかし、店が開いていないのでは仕方がない。やむなく秋葉原方面に進路を取るが、途中で通りかかった共栄堂を見ると、何と照明がついているではないか。店は閉まっていなかったのである。
 ということで、今日は共栄堂のカレーを食うことに決定。私はポークカレー、友人は牛タンカレーを頼んだ。
 その味はというと……よく煮込まれた肉が美味く、カレーそのものは苦味を含む独特の味であった。癖はあるが慣れるとハマるという、方向性としてはエチオピアのカレーに似たようなものを感じたが、口にした瞬間のインパクトを考えると、私なら共栄堂よりエチオピアのカレーを人に勧めるに違いない。また、ライスとルーのそれぞれに大盛りの料金が設定されていて、ライスのみを大盛りにするとルーが全く足りなくなってしまうのは大きなマイナス要因だった。このため、私と友人の二人とも、「満足度は低め」という評価を残すことに相成った。
 今日この場にいない友人はここのカレーをいたく気に入っていたようだったが……やはり、好みは人それぞれということだろうか。

2002/07/27 「満点」ではなく「満天」

 先週行き損ねた「まんてん」へ行った。今日は誰が何と言おうと文句なしの土曜日なので、行けば開いている……はずなのだが(笑)
 前もって場所をしっかり調べていたため、店は難なく見つかる。これまでに行った店とは、明らかに趣きの違う店だ。ここで食べられるカレーも、インド風でもなく欧風でもない、日本風と言うべきカレーなのである。

 早速中に入り、かつカレーを注文。しかし……。私が店に入った瞬間は、とことんタイミングの悪い瞬間だったらしい(汗)
 注文を受けてから揚げるはずのかつが、既に出来ている。カレーはあまり温まっていなかったらしく、ご飯、かつにまんべんなくかかっていない。
 ちなみに、私の後に受けた注文を見ている限り、前述のような展開はまずありえないはずなのだ(揚げ物は注文を受けてから揚げているし、ご飯の上にかけられるカレーはもっととろりとしていた)。これまでインドカレー好き好きとか言っている私にとっては、何だか言葉もなく拒絶されたかのような……そんな感覚に陥ってしまった。
 感想、評価については保留しておこう。もう一度行って、食べてみない限り、これは何とも言えない……。

 まんてんを出た後、秋葉原へ向かうために大通りへ向かうが、その途中でペルソナを見つけ、店が開いているのを確認。……次回はここか?


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2002年 7月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]