不定期更新日記 - July 2000 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2000年 7月 ]

2000/07/01 言い訳

 とうとう7月に入っても上がらないという、非常に悔しい状況になってしまった。
 言い訳がましく言わせていただきますと……色々あったんです、はい。冗談抜きで。
 諸事情によりプロバイダの引越しとかも考えていたのだけれど、宙ぶらりんの状態。下手すりゃ自分が引っ越しだしなぁ……。これらの話については今も何とも言えない状況なので、ここで終了ということに。

 掲示板の設置で悩む。どうやら悩むだけ無駄ではなかろうか……というよりは、悩んでいる時間すら惜しいのでさっさと方を付けるべきだと判断。
 丁度いい掲示板のCGIを見つけたので頂いてきた。

2000/07/02 改善できるはずの悪環境に慣れるのは愚かという他ない

 ホームページには少しも反映されていないのだが、ここで使うためのイラスト(まだ原画レベル)をちょこちょこと描いている。キャラクターが上手く描けなくてスランプ気味だったのだが、描いている環境に原因があったことに、それも今頃になって気が付いた。
 現在は座敷のテーブルで描いているのだが、どうも紙面との距離が近すぎる(つまりテーブルが高い)。このせいで全体のバランスが把握できずにいたのだ。描いているうちは気付けず、ある程度書いた後でバランスが狂っていて自己嫌悪に陥る。で再び手直しをしつつ描き始める……このようなサイクルで苦しんでいたわけだが……というかその位早く気付け(汗)

 この状況を打破するために考えたのが座椅子の購入。座布団を複数枚重ねるという手もあったが、姿勢がイマイチ安定しないのでやめた。
 座椅子というと安価な所でウレタン製の座椅子があるが、これでは座布団と大差ないので無意味だ。結局、籐の座椅子に決定。もちろんウレタンの座椅子に比べれば高いし、贅沢だろう。しかし、今となっては金よりも時間の方が惜しい。
 幾つかの店を下見して、丁度いいものが見つかったので早速購入。家へ持ち帰り、座ってみる。視点が高くなるとやはり描きやすくなるようだ。

 昨日いただいてきた掲示板の設置をしてみる。動作確認もあっという間に済んでしまう。
 ……始めからここの掲示板を使えばよかった。まぁ、後悔しても遅い。
 後は申し訳程度に見た目をいじくれば掲示板は終了だろう。

2000/07/04 太らないだけマシか

 今日の朝、何気なしに体重を計ったら体重が減っていた。おそらく、半自主的な食事制限のせいだろう。しかし、どのような食事制限であるかは秘密。これはちょっと話せない。
 年を食うと、脂肪の燃焼効率はどんどん悪くなっていくらしい。それを考えると、適度な食事制限はダイエットの基本といっていいだろう。
 ちなみに今の体重がどれくらいあるかはやはり秘密。不健康ではないものの、男らしい数値ではないだろうな……(汗)

2000/07/05 かなりのお気に入りマンガ

 筑波さくら先生の2冊目のコミックス、「目隠しの国」第2巻発売。自分にとっても待ち望んだ一冊だ。というのも、同時収録作品として「百貨事務所の悪魔」があるからなのである。
 ……何、それだけぢゃ何が何だか分からない? ま、そうですな。言うまでもなく「読んでくれぃ」という意味がこめられているのであって、ここでは詳しく説明しない(できない)ということですから。
 ……ごめんなさい。説明します。説明させていただきます。
 えー、私が過去に出したコピー本(去年の夏コミ)の中で私が筑波さくら先生の大ファンであることを包み隠さず暴露しているのですが、そこでマイベストとして「百貨事務所の悪魔」を挙げているのであります。当時それがどんなものであるかを知る手段は皆無に等しかったので、早く単行本が出たらいいなぁと言っていたのでありますよ。で、やっとそれが出てきたというわけで。
 ま、読んでみて下さいな。ちなみに出版部数は少なめなので、急がないとなくなります。マジで。
 ちなみに第1巻の時は秋葉原から三日かそこらで姿を消した(……はず)。

 新しく製図用のシャーペンを買ってみた。今使っている0.4mmでもちょっと太いかも、と思い始めたのが事の始め。0.35mmなどという中途半端な太さの芯に惹かれ、カステルの製図用シャープペンを購入。2500円。シャーペン本体の値段は全く気にならないのだが、芯の値段が高いのは正直きつい。なんと12本で360円。1本30円かい……。
 使い勝手はよく、いい線が描ける。0.35mmの芯がよいのか、シャーペン本体がよいのか、今はよく分からないが……。もしかすると0.4mmのシャーペンで使っている2Bの芯がいけないのかもしれない。
 今になると、売り場に一緒に置いてあったロットリングのシャーペン(これも0.35mm)も気になってくる。あれは滑り止めの部分が非常にいい感じだった。

2000/07/07 七夕の開設は狙ってました。折角なので

 とうとうファイルをサーバーにアップ。やっとですかい……とか自分でも思う。
 あとは告知のメールをバラまき、お世話になってるトコで宣伝して、後はお客様を待つだけ。
 ……ぢゃなかった(汗)すぐに追加のコンテンツを(たくさん)作らなくてはいけない。
 まだまだ楽にはならないけども、お客様が来てくれるんなら「ほほほ、苦しゅうない」てなワケで。
 精一杯やらせていただきます。

2000/07/08 テレカ収集はハマるとヤバイ。程々にしませう

 豊橋の友達が東京へ遊びに来た。てことで秋葉原にて合流、一緒に買い物なんぞを楽しむ。
 今日は同人誌やら様々なグッズやら色々売ってる本屋、K-BOOKSの4周年記念イベントなるものが開催されているのだ。で、5000円以上の買い物をすると先着150名様で私のお気に入りの作家さん(CHOCOさん。某之介の間を参照)のテレカがもらえるのであった。友達の協力を得てテレカをゲット。
 今日の最大の目的はコレだったのだ。いやー、何とか手に入ってよかったよかった。

 カステルの製図用シャープペンの後日談。
 弟が0.3mmのシャーペンを持っていたので、思いつきであることを試してみる。
 カステルのシャーペンの芯(0.35mm)を弟のシャーペン(0.3mm)に通してみよう。芯の太さに違いがあれば芯は通らないはず……なのだが……通った。
 がーん。太さが同じってことかい……

2000/07/10 自分の間違いには厳しくありたいですな

 実は色々な所でこっそりと誤字を直している。色々って程でもないが、この先も色々な所で間違えるに違いないだろう。そういう意味もこめての色々だったりする。
 とはいえ、普通なら「どこを直したの?」と訊いてしまうような所ばかりであろう。そういう、一見どうでもよさそうな所でも直さずにはいられない。何故ならそれが「間違い」だからである。
 他の人にとってはそれがどうでもいいような所に見えるかもしれない。そういう所に気をかけることやその姿勢が一般にいう「こだわり」なのである。
 しかし、それは真に「こだわり」というべきものではない。ただ、現在の風潮から相対的に見て「こだわり」であるかのように映るだけなのである。
 まあ、それでも敢えて「こだわり」だといってしまおう。今はその姿勢から何かを見出してくれればそれで充分だからだ。

2000/07/14 役に立ってますよ

 テレコンワールドでも紹介されていたクリーナー、クイックブライトを買ってみた。固形タイプではなく液体タイプだったせいか、理不尽なくらいの汚れ落ちは見せない。横浜の東急ハンズで見つけたのだが、固形タイプで丁度いい量のものがなかったため、試すつもりで液体タイプを買ってみたのだ。どうやら、これが早計だったらしい。
 とはいえ、ガラス、金属製品にはかなりの効果がある。洗面の鏡に使ってみると、確かにほとんど曇らなくなった。

 この日は買い物を済ませてさっさと家に帰ってしまっていた。しかし、そんな時に限ってか、夕方になって高校の時の先輩から飲みの誘いを受ける。それも横浜で、なおかつおごりと来た。今日になって悟ったかのように気が付いたのだが……どうやら、外に出た時は時間を無駄にするような選択をすると無駄にした時間に見合った……というか無駄にした時間をきっちり取り返すような出来事が起こるらしい(汗)
 ……行ったのかって? ええ、もちろん行ってきましたとも(笑)

2000/07/15 あーあ、これだから萌え野郎って奴は

 高校の時の後輩の家へ遊びに行くことになった。家に誰もいないために面子を集めて麻雀をする予定だったのだが、結局面子は集まらず(というか来たのが私一人)、ひとまず「何かやって遊ぼう」ということになったのである。
 ここしばらくの間プレステを動かした覚えがないのでプレステで、ここしばらくの間やっていない格ゲーをひとしきりプレイした後、Blaze&Bladeを始める。格ゲーばかりやって時間もそれほどなかったので(スーパースト2Xだけで3時間以上やってたりして)、簡単に行ける所を中心にアイテム集めに奔走した。

 ちなみに、私と後輩のキャラを比べると私のキャラの方がやたらに強い。私のキャラクターはキャラメイク時にLuckにのみボーナス(それも50以上)をつぎ込んである。これでHP、MPの成長率が大きく変わってくるのだ。これを知らなかった後輩に新しく作ったキャラでのプレイ、しかも一人プレイ(通常は4人パーティー)を薦めてみる。
 このゲームは言葉遣いに至るまで細かく設定できるキャラメイクが一つの魅力ともいえるのだが、ここで女のキャラクターに[男・子供]の言葉遣いをさせると自分のことを「ぼく」と呼ぶ女の子キャラクターができてしまう。また、望むのであれば男のキャラクターに女の言葉遣いをさせるのも思いのままである。前者のケースを挙げると悠久幻想曲のトリーシャとかだろう(笑)。しかも私の弟とその友達が実際にやって確認までしていたりする(爆)
 キャラクター作成時のボーナス値で高い値を叩き出そうなどと考えると、やはり時間がかかってしまう。このゲームでボーナス50台というと、基本的に運次第であるとはいえ……それなりに時間はかかるものだ。そのため、先程のような無駄話をしつつキャラメイクをしていたのだが、ここで自分たちのヘタレさ加減(特に後輩)が爆発する。

「他に自分のことをぼくって呼ぶキャラクター、何かいたっけねぇ……」
「あゆ」
「…………何?(考えたこともなかったので焦っている)」
「…………(「当然じゃん」と言わんばかり)」
「……それを俺に作れと?」

 早速キャラの名前を「あゆ(ひらがな)」に設定し直す。今更ではあるが、決して「浜崎あゆみ」のことではない。
 30分程経った後に55のボーナスを叩き出し、何とかキャラクターが完成する。ファイターである。あゆだ。自分のことを「ぼく」と呼ぶ。すなわちあゆである(しつこい)。
 作り終わった後で少し考えたが、ファイター自体は使い易い。そのせいか何か違和感がある。そこでプリーストで作り直すことにした。プリースト(女)の格闘能力は最悪に近い。これなら違和感もないだろう(笑)
 ものの10分でボーナス52が出てきた。早速作ってみたが、これで後輩に一人プレイをやらせるのはさすがに酷だ。自分でやってみることにしよう。

2000/07/18 かなりのお気に入りマンガ(その2)

 昨日かおととい辺りに突然分かったことなのだが、メディアワークスの電撃大王でCHOCO先生の「イグナクロス零号駅」が連載開始になる、ということだ。以前の掲載誌、COMICZIPをちまちまチェックしていたのがバカらしくなってくる。PSのソフト、ピクシーガーデンのお仕事に当たって休載していたはずなのだが、いつの間にやらメディアワークスに移ることになるとは。メディアワークスめ、やってくれる(あらゆる意味で)。
 で、今日がその電撃大王の発売日。早速買ってくる。何にせよ途中からなので以前の話を読みたければCOMICZIPのバックナンバーを買い漁るしかなかったのだが(今から全部集めるのはまず不可能)、8月10日にメディアワークスから単行本が出版されるのでこちらを待つことにする。これも待望の単行本である。まぁ、これを待ち望んでいた者は私以外にも相当いるはずだが……

2000/07/20 オススメというだけはあった

 タクトランドの友達、よが君に案内され、川崎屋というラーメン屋へラーメンを食いにいった。彼のオススメらしい。
 横浜で合流し、買い物を済ませ、京急線で上大岡へ。そして、あまり急いでないという理由で上大岡から30分強の時間をかけて徒歩で川崎屋へ。後で分かったことなのだが、横浜から市営地下鉄で港南中央まで行った方が歩く距離は少なかった……うぐ、何故教えてくれないのさ(泣)
 川崎屋でラーメンを頂く。太麺でありながらもやや平たいために食べやすく、麺がかなり美味く感じた。基本的には細麺が好きなせいだろう。ちなみに家系ラーメンは好きだが苦手だ。美味いので何度でも食べたくなるのだが、脂っこく味が濃いものはどうもあまり食べられないのだ。

2000/07/22 自分でサイコロを転がすゲームは昔っから好きだったり

 高校の時の先輩に呼ばれ、久々にサイコロを……テーブルトークRPGをすることになった。これは本当に久しぶりだ。どこでやるかは全く聞いていなかったのだが、いざ蓋を開けてみると、なんと生後2ヶ月の赤ちゃんがいる後輩夫婦のお宅。……いいのか? と思ったが、マスターはダンナ。まぁ、赤ちゃんの世話をするなら自宅が一番都合がいいわけだから、これでいいらしい。
 食事の後、ちょこちょこと準備し、赤ちゃんが寝てから早速プレイ。朝方近くまでかかったが、久々に堪能させてもらった。で、そのまま就寝。翌日へ続く。

2000/07/23 ねこねこ。昨日の続き

 起きる。……いや、違う。飼い猫に起こされた。昼前だった。
 今日はそのままのメンバーで麻雀を打つ。これまた久しぶりである。
 半荘一回目。東一局でいきなり満貫を上がって調子に乗る……と思ったがその後は一度も上がれず、結局-2。トップは私の先輩で+42。まぁ、まぬけな振込みはしなかったし、よく耐えられたと思う。
 半荘二回目。内容はそれほど覚えちゃいなかったが、とにかく調子がいい。でかい振り込みは一度もなかった。オーラスの親で連荘し、+30の一人勝ち。
 半荘三回目。ツキが爆発。勢いの止まる気配全くなし。いきなり親に振り込んで「マズイ、走り出しからコレでは……」と思ったが、全くの杞憂だった。半荘を通して上がりまくり、初めの振り込みも取り返す。最終的には+45の大勝ち。私の先輩をして「勢いのついた神崎を止められそうにない」と言わしめたあたり、今回は無敵に近かった。
 しかし、今回は自分が自分でないくらいと思えるほどに強かった。一発でツモること5、6回、3人リーチには競り勝ち、リンシャンで三色の高めを持ってくる……ブランニューでやっていたような麻雀をかなり体現していて、何ともムチャな勝ち方だった。……次に打つ時が不安だ。

2000/07/24 原画展はいいねぇ。負けたけど

 まんがの森町田店へひな。先生の原画展を見に行った。本当は昨日行く予定だったのだが、様々な理由から断念。無理矢理行くことももちろん可能だったが、流れでそのまま麻雀へ移行してしまったわけだ。
 何も予備知識もないままに町田に来て、歩きゃすぐに見つかるだろうと思ったが、非常に運が悪かった、というかまぬけだった。歩きに歩いて見つからず、あきらめて帰ろうかと思った直後に見つかった。バッチリ見落としていたのだ。途中、色々なゲーセンに入ったりしつつ、さまよい歩いていたのだが……詳細は思い起こす度にイヤな精神状態に陥りそうなので省略。かなり荒んだ精神状態で何とか辿り着く。もし見つけられずに帰ったりしたら、町田という所へは金輪際、二度と行きたくなくなっていただろう。
 原画の掲載誌を買った頃のことを思い出しつつ、原画をじっくりと堪能する。
 しかし、途中で気付いた。横浜で原画展の事を知った時は分からなかったのだが、サイン本の販売もあったらしい。当然売り切れ。へこむ。
 昨日の大勝ちとは一転して……というか一発で負けた気分だ。もちろん、昨日の一日を否定するつもりはさらさらないが。
 久々に負けの気分を味わった。かなり悔しい。

2000/07/30 センチ2は一体どんなんでしょ

 予約していたセンチメンタルグラフティ2を取りに行く。当時秋葉原で予約していたので、取りに行くのも当然秋葉原。交通費がかかるので大変だが、たまにはいいか……と強引に納得し、秋葉原へと出かける。
 気が付くと所持金がギリギリのため、金を下ろさなければならなくなった。日曜では手数料がかかってしまうので、一度だけの引き出しで済み、なおかつ余分な金を持たないようにするため、ひたすら歩き回って買うものを決めることに。センチ2は予約済みだから焦る必要もない。
 歩き回っている途中、地元の知人に出会う。まあ、よくあることだ(爆)
 折角なので二人で歩き回ることに。いらないものを処分しに来たということで、ゲームソフト、パソコンのマザーボードを売った結果、一万円ほどに。計算通り、ということでご満悦だった。自分も何か売ろうかなぁ……。
 夕方まで歩き回り、ひとまず買い物は終了……した所で、二人とも何も食べていなかったことに気が付く。さすがに腹も減る。そんな中、私の窮状を見かねて、知人が夕食を馳走してくれた。感謝。今の私が食い物よりそれ以外の物品に金をつぎ込むのは、誰の目にも明らかなのだ(笑)
 帰りの電車の中、CMについての話題で盛り上がる。現在最も面白いCMはファンタのCMだということだ。そう言われると、確かにそう思う。現在知られているだけでも20近くはバリエーションがあるはずということだが、自分はその半分も見ていない。しかも、3日位で別のものに移行していた時期もあったということで、全てチェックするのは至難の業だ……というかチェックできている人はいるのだろうか?


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2000年 7月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]