不定期更新日記 - January 2002 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2002年 1月 ]

2002/01/02 2002年はうさぎ年?

 「2002年はうさぎ年!」というメールが友人から来た。……確か、馬年ではなかったか?
 「……罠か?」と思いつつメールを返したが……
『「ゲームやアニメに影響されて」と発言するクソ馬鹿野郎を横に並べて左端から順番に首をもぎ取るサイトに行ってトップの画像を連続クリックすること』
……と。
 家に帰ったら見てみるか。

2002/01/03 2002年はうさぎ年

 翌日に出かける用事があるため、両親より1日早く家へ帰ることに。帰るついでに秋葉原に寄ってパソコンのパーツを見ていくことにした。財布に余裕があるうちに安くマシンを組んでおこうと思ったのである。
 他にも探し物があったのだが、駅を出た所でいきなり見つかった。トキワムセンにてSFCのRGBケーブルが新品で400円……ナイス。中古で1000円位の値段を想定していたので、久々の掘り出し物だ。こういうことがあるから、秋葉原は楽しいのだ。
 探し物が見つかったので、後はひたすらショップ回り。セレロンかデュロンの1GHz辺りで安く、小さくできないものかと考えつつ、ベアボーンキットを探しまくる。しかし、自作経験のない自分では限界があるため、中々プランが固まらない。そこで、自作経験のある友人に意見を請うことに。電話をかけてみると結構乗り気だったり。

「自分の金を使わずにマシンが組めるんですよ? そりゃもう楽しいったらないでしょ」

 ……確かにそうかもしれない(笑)
 てことでショップ回り終了。早速家へ帰って、友人宅で色々聞くことにした。

 友人宅へ行く前に、メールチェック。ついでに『「ゲームやアニメに影響されて」と発言するクソ馬鹿野郎を横に並べて左端から順番に首をもぎ取るサイト』を見に行ってみることに。
 あ、うさだだ。むぅ、そういうことですか……。ウチもそれらしいことをするべきなのか……とか考えてしまった。何せURLがうさだだしなぁ(笑)
 今のままでは関連性も全くないし、少しは関連性を増やした方がいいのだろうかと思ってみたり。
 ……そうだな、2002年はうさぎ年だから、そういう方向でも頑張ってみようと決意してみた(爆)

2002/01/04 自作マシンの第一歩

 昨日買ったRGBケーブルで早速SFCを起動してみる。しかし、画像が映らない。少しの間悩んでから、重大なことに気が付いた。
 ……そうだ! NEWスーパーファミコンにはRGB出力がないのだった!(爆)
 がっくし。
 ……どうしよう。中古でSFCを探すのか? RGB出力のためだけに(汗)

 当初予定されていた外出の予定がなくなってしまっていたので、ひたすら体を休めることに。
 大晦日からの風邪は直りきっていない。ひとまず、大人しくしていることにしよう。

 ……と思ったら、自作マシンについて相談した友人から電話がかかってくる。秋葉原に行くというので同行。パーツについて意見を聞きつつ色々見て回ることにした。
 基本的にはある程度のスペックを確保しつつ、ひたすら安く組むのが目的。パーツの耐久度も考えて中古パーツは無視、値段については友人任せだ。何はともあれ、ひたすら歩いて安いものを探すしかない。
 今日は様子見程度だが、掘り出し物があれば即ゲット、という方向で捜索開始。CPUはデュロンの1GHzを7000円位、HDDは5400回転、40GBを10000円程度、メモリはDDR-SDRAM(PC2100)の256MBを7000円台、マザーボードはKT266チップセット、オンLANならなおよし……という線で固まってくる。友人からすると、メモリはちょっと高くなっているらしく、満足の行かない様子だ。
 マザーボードだけこれといったものが決まらずに捜索を続けていたが、新品のKT266マザーで5499円というものがあったので、それだけ買っていくことに……ていうか何故に5499円? KT133マザーでもそんな値段はなかったのに……
 友人は「KT266マザーでこの値段はワケが分からん」と言っていたが、何にしても安けりゃOKである。マザーボードは12000円位を上限に考えていたというので、予算の半額で何とかなったことになる。これはラッキーだった。

 ちなみに、CD-ROM、FDDは友人が余らせているものを使い、ビデオボードは別の友人宅にあるボードを借りる、とのこと。
 ……徹底的に安く上げるつもりらしい(笑)。これは頼もしい限りである。

2002/01/05 自作マシンの第一歩からその先へ

 友人の助けを借り、翌日に車で秋葉原へ行くことになった。この日のうちに必要なパーツを全て揃え、マシンを組み上げる算段である。しかし、自作経験の豊富な友人が何人もいると実に心強い。実際には、友人たちが秋葉原でパーツを探して歩くのが好きであることも一因ではあるのだが(笑)
 ひとまずプランについて相談していたが、ある程度ことが進んだ後はエイリアンフロントに熱中してしまった。現在は自分が出した3クレジット7周ALLでの58万点がトップになっているが、それを出した自分ですらこの記録に追いつくことができない。何故にホバー型初プレイで出した記録に追いつくことができないのだろうか?(汗)
 ……実に厳しい。今の所は60万点を突破することが目標となっているが、いつになることやら……このレベルまで来るとほとんどミスができないのである。
 熱中しすぎてかなり遅い時間になってしまったので、寝過ごさないために友人宅で休み、朝を待つことに。

2002/01/06 とりあえず製作開始、で……

 朝、友人の車で秋葉原に連れて行ってもらう。しかし、本当に世話になりまくりである。どこでこの恩を返したらよいのやら……
 途中で友人のお友達の方も乗り込んで総勢5人での行軍。で、秋葉原に着いたのは10時半。遅めの朝食を食べつつショップが開くのを待ち、11時過ぎにショップ回り開始。
 CPU、HDD、メモリは先日立てたプラン通りに購入。で、ケースは300WのATXミニタワーのケースを2980円、CPUファンは「5000回転でアスロンXP1800+対応の静音タイプ、899円」……という怪しげなファンを購入。ここでも随分費用を削った。後はLANカードを1380円で購入し、ひとまず買い物終了。横浜の友人宅へ舞い戻る。
 途中、友人のお友達の家で一休みしたのだが、つい先日ネットオークションで手に入れたというセガマスターシステムの「青春スキャンダル」に没頭する。ていうかこれ、結構難しいぞ?(笑)
 今回のメンバーの誰かに1面をクリアさせようと思っていたそうなのだが、時間が少なくなってきたので断念することに。これは少し悔しい。

 友人宅へ戻り、早速組み始める。初めての作業に手間取り、時間こそかかってしまったが、ケースやマザーボードで安物をかき集めてきた割にはこれといった問題もなく組み上がり、あっさりとOSのインストールまで完了する。

 その後、外へ出て夕食を食べに行く。車に乗せられひた走り、着いた先はたまプラーザの神戸屋。神戸屋も制服関係の筋では有名なお店なのだそうで。
 神戸屋は焼きたてパンが美味しかった。しかも、食べ放題な上にウェイトレスがパンを持ってテーブルに来てくれる辺りもポイントが高い。少なくともお腹が満足せずに店を出ることがあり得ないわけで、実に良いお店である。先日行ったアンミラに比べると、随分と違いを感じる。
 やはり、アンミラはカリスマだから……ということなのだろうか? まあいい。今後行くことはないだろうから。制服だけではお腹いっぱいにならないのだ。

 再び友人宅へ戻り、LANやドライバー類をインストール。このときに友人が確かめて気付いたことなのだが、899円のファンは予想以上によく冷えているらしい。ただ、音は小さくないようだ。ここで、回転数を見るとこれが6250回転。しかし、パッケージには確かに5000回転と……これって「なんちゃって静音タイプファン」だったり……じゃなくて、回転数違うってどういうことよ?(笑)
 ……ま、充分に冷えてるからいいけど(爆)
 マシンを車で自宅へ運んでもらい、もう一度友人宅へ戻って(自転車で来ていたから)今日のイベントは全て終了。
 今日は世話になりまくりの一日だった。本当にありがとう。持つべきものはやはり友である。

2002/01/10 魂のヒットソング、襲来

 去年のクリスマス辺りにドハマりした「いちご GO!GO!」。後から分かった話だが、冬コミではこれが収録されたCD「いちご打スペシャルCD 超!!!苺派宣言」が販売されていたそうだ。しかも、実は友人からそのCDを譲ってもらう算段が6日に整っていたりしたのである。
 友人の手元で何故か余っていたそれは、私のために用意されていたようなものだ。これは最早、天佑のなせる技であろう。マジでそうとしか思えない(汗)
 ……それはともかく、6日の出来事だったのに思いっきり忘れてました。すみません。

 そして今日、CDを受け取りに友人宅へ。行ってみると、そこでは「男たちの挽歌」の上映会が。
 おお、これが「進め!!聖学電脳研究部」のネタにもなった……ていうかホントに37564じゃないか(笑)
 2丁拳銃……不必要なまでに弾撃ちまくり……どう考えてもマガジンの装填数以上の弾をリロードなしで打ちまくる理不尽さ……すげぇ。これが男たちの挽歌か……。この手のバイオレンスアクションは正直好きではないのだが……これは面白い。笑える(笑)
 しばらくして友人がいちご打のCDを持ってやってきた。
 明日からは、テンションの下がらない生活に突入するはずだ。ああ恐い(笑)

2002/01/11 セットアップ

 「いちご打スペシャルCD 超!!!苺派宣言」(2枚組)をMDにダビング。加えて「いちご GO!GO!」とそのカラオケバージョンだけが入ったMDを作成。74分のディスクに5分しか入れてないってどういうことよ?(笑)

 その日の夜、友人に呼び出され、「男たちの挽歌」シリーズの続きを見ることに。どうやらハマっているらしい(笑)
 もちろん、友人の家へ向かう時のBGMは「いちご GO!GO!」である。もうかかりまくりである(笑)
 「男たちの挽歌」を見た後、エターナルファイターZERO(略してEFZ)の対戦モードに。格闘ゲームなんて久しく触ってもいなかったのだが、友人と遊ぶ分にはやはり面白いものである。結局夜通し対戦を続けることに。
 まずい……朝を迎えた時点で不安がよぎった。とりあえずは友人宅を離れ、帰宅することに。
 ……12日へ続く。

2002/01/12 超ハードスケジュール

 今日はウチのリンク先「ぼけお君のお部屋」の常連さんが集まるオフ会。なのだが前日から一睡もしていない。
 ……どうしてまたこういう時に限って前日から寝ずにいるのだろう? 2週間前のコミケも然りだ。
 こんな時にどう気力とテンションを保つか? 現在取り得る手段は一つ。やはり「いちご GO!GO!」である。ここまで来ると馬鹿の一つ覚えの域に達している……が、効果的であることもまた、間違いないのだ(笑)
 「いちご GO!GO!」をMP3化。これでパソコンの前でもエンドレスでかかり続けることになる。ビットレートは問答無用で320Kbps……自分で言うのもなんだが、これは頭が悪すぎる(笑)
 身支度。MDも用意。準備が万端になった所で出発、オフ会の開催地、下北沢へ。
 電車の中にいる間中「いちご GO!GO!」が頭の中で流れ続ける。これで気力が保たれるのだから、私という人間も単純なものである(笑)
 まぁ、中毒症状を起こしたりしないだけマシなのだろう……多分(ていうかいるのかそんな奴)

 オフ会は呑み→ゲーセン→カラオケ→徹マンという、王道と言えば王道、ありがちと言えばありがちなメニュー。故に安定の選択肢でもある。
 内容はネタのかたまりのようなもので、文章化するととんでもない量になりそうなので残念ながら割愛。何分、メンバーがすごい人ばかりなので……。特に凄かったのは呑みと麻雀。自分もそこそこ健闘はできたか?……と思うのだが、イマイチ自信がない。
 前日からの活動時間が40時間を超え、時々意識を失う程に疲弊してはいたが、帰る間中「いちご GO!GO!」を流し続けることでコンディションを保ち(またか)、何とか電車を乗り過ごすこともなく帰宅。
 日付は既に13日。さすがにきつかった……というかコミケの時より厳しかったかも。
 酒か? やはり酒のせいなのか!?
 ……13日へ続く。

2002/01/13 頑張り過ぎ

 10時間の休息の後、友人宅へ。とあるゲームを受け取るためである。流れを考えれば、その後は必然的にEFZの対戦に突入することだろう(汗)
 受け取ったゲームははじめてのおるす……ゲフンゲフン
 いや、これはあくまでネタとして、数も少ないらしいのでひとまず抑えておこうと……ゲフガフゴフッ
 しかし、私の友人たちは変だ。このタイトルが入手困難な時に、どうしてこうもあっさりと手に入れてくるのだろうか(汗)

 今日も徹夜でEFZの対戦をすることになった。随分と熱が入っている。……まあいい。家に帰れば、後はぐっすり寝るだけだ。
 ……14日へ続く。

2002/01/14 もういい。倒れなきゃOK

 早朝、家に帰ってから寝る前にとりあえず……と、メールなどをチェック。リンク先などもチェックしていたのだが……ここでイベントが発生。
 両国の江戸東京博物館でコミックスクエアという同人誌の即売会があり、それにREDLYNXのろきさんが参加することになっていたのである。
 ……そりゃ行くしかないでしょう(爆)
 もう勢いだけで動いても何の問題も感じない。倒れなきゃOKなのである。

 11時を過ぎた頃に両国へ到着。11時半頃に会場でろきさんとTZkR-O(タヂカラオ)さんにお会いする。しばらく……というかずっとPSOをプレイできずにいたので、実のある話ができず、己のネタの少なさを呪う。で、同人誌を頂き、会場を後に。
 何となく勢いで秋葉原をぶらつき、昼を過ぎた頃に帰宅。はー、やっとゆっくりできる……

 とか言いつつも、夜には前日とはまた別の用件で再び友人宅へ。最近は随分と入り浸りである。もちろん、要件は別にあっても、それが終わってしまえば結局はEFZの対戦に突入するのである……よくやるわ、俺たちも(笑)
 考えてみると、年末から年始にかけてはまりまくっていたエイリアンフロントもとんとプレイしていない。数人でワイワイと対戦をしている所に一人別のゲームを始める……というのは、誰にとっても気が進まないのである。ひとまずトップが自分ではあるものの、このままでは少し寂しい。EFZの対戦熱は収まりそうにもないし、いつになったらエイリアンフロントが再開されるのか……

2002/01/22 ニューモデム到着

 8Mbps用のADSLモデムが届いた。24日に8MbpsのADSLに移行できる予定だ。
 しかし、実際の所速度はあまり気にしていない。一番の利点はレンタルモデムの変更であり、ルーターを使わずに複数のマシンが繋げられるようになることにある。ハブでOKなのだから、必然的に費用は少なくて済むことになるのである。
 あとは……PSOのオンラインプレイ。どこに不手際があったのか、これまでの回線では接続できなかったのである。もちろん、ルーターがあれば問題なく繋がるのだろうが……。自分としてもオンラインプレイがしたくて仕方がない所なので、新しい回線で接続できることを祈るばかりである。
 そのようなことを念頭に置きつつ、「何となく」というとてもいい加減な理由で友人宅へ出向いてみた。
 友人宅でも数日前に8MbpsのADSLに移行したということだったが、友人宅のモデムを見てみると、何とこれが自分の家に届いたモデムと同じものであった。しかも、説明書まで同じだ。違う所というと、説明書に記載されているロゴがアッカではなくKDDIである、ということだけだ(笑)
 ……ということは、ここでドリームキャストでの接続を試み、問題なく繋がるようなら自分の家でPSOのオンラインプレイも問題なくできるはず……ということだ。
 一度も繋げていなかったというので早速試す。……あっさり繋がった。プロトコルがPPPoEからPPPoAになっていることが気になっていたのだが、これで一安心。ひとまず、自宅でもこうなることを期待したい。

2002/01/23 準備? ネタ探し?

 NTTの工事を翌日に控えた今日、横浜のヨドバシカメラへスイッチングハブを買いに行った。ルーターに比べれば3分の1から4分の1の費用で済んでしまうのだから、何とも大助かりである。とはいえ、後々はルーターも購入することになるかもしれないのだろうが……。
 スイッチングハブを購入し、本屋やらゲーセンやらをうろつき、再びヨドバシカメラの前を通って帰る所で、高校の同期の友人に出会う……この手の偶然は意外とあるものだ。しかし、彼はよくヨドバシカメラを利用するので、仮にヨドバシカメラに張り込もうものならほぼ確実に会えるような気もするのだが(笑)
 話をしつつ、再び売り場をふらふらと。すると意外にもネタがそこかしこに転がっていることに気付く。後に買うつもり満々だが、まだ手を付けていない「麻雀占いフォルトゥーナ」はもちろん(数は減っていない模様)、密かなお気に入りなのだが値段とかの関係で人には勧めていなかった「エンジェル・ブレード」が廉価版で出ていた事実など。しかも、元々製品版にはなかった日本一ソフトウェアのロゴが表に出てきていることには驚かされた。……これは売る気満々だ(笑)

 この「エンジェル・ブレード」はオンデマンドという会社から発売されているが、実は開発が日本一ソフトウェアなのである。今でこそ「マール王国の人形姫」シリーズでかなり有名ではあるが、それ以前から目をつけているようなマニアさんでも知らない人が多数いるのではないかと思われる。もちろん、このゲームを最後までプレイした人ならば誰でも知っていることなので、ネットで検索してみればあっさり引っかかるのだが……何はともあれ、これを知っていてこそ真の「日本一ソフトウェアマニア」であると言えよう(笑)
 もちろん、マニアを自称するならばこれに加え、「クッキングファイター好(ハオ)」と「どきどきシャッターチャンス」も必須だろう。さあ、君はこの2本を持っているか?(爆)
 実際の話、「どきどきシャッターチャンス」は個人的に持っておきたい一本なのだが、友人から借りてプレイした所で一度満足してしまったため、不幸にもキープしていない状態で今日に至ってしまっているのである。さすがに、もう新品では手に入らないかもしれない(笑)

2002/01/24 8M ADSLに移行完了

 NTTの工事も既に終了しているであろう午後7時。早速モデムを交換し、接続の作業に入ろうとした所、モデムとハブを繋ぐケーブルの存在を忘れていたことに気が付く。で、急遽横浜のヨドバシカメラへ向かう。これは迂闊だった(汗)

 ケーブルを購入して家へ戻り、接続してみる。これと言った問題もなく接続は完了した。
 転送速度は約2.8Mbps、ベンチマークテストによる実測では2.3〜2.4Mbps相当。以前の回線に比べると2倍以上にアップしている。ちなみに、ネット上で調査した時に2.1kmと知らされていた伝送距離は、実際には3.1kmだったようだ。さすがにこれだけ離れてしまうと、転送速度もここまで落ちる。とは言え、どこに問題があろうか。正直な話、ちゃんと繋がってさえいれば何の問題もないのだ。
 しかし、どういうわけか異常にレスポンスが悪い(速度ではない)。こういう時に疑うのはまずMTU辺りだろう……ということで、nettuneで設定を色々といじくってみるが何の効果も得られない。困り果てた後に設定していたものを一度リセットしてみると、途端にレスポンスが良くなってきた。それはそれでよいのだが、一度、二度とマシンを再起動するごとにレスポンスが良くなっていくのはどういうことなのやら(苦笑)
 ……まぁ、少なくとも自分にとっては満足できる状態になったので一安心である。
 ドリームキャストでの接続は後日試すことに。多分、繋がるのではないだろうか。

 エンジェル・ブレードに関する後日談。
 発売元のオンデマンドはいつの間にかなくなってしまったらしい……今日サイトを見に行ってみると、サイトがなくなってしまっていた。
 となると、パッケージに日本一ソフトウェアのロゴがあることも納得は行く。諸権利を所有しているのは日本一ソフトウェアなのだろうから。

2002/01/25 ラグオルへの道は再び開かれた

 ドリームキャストでの接続を試みる。友人の家で見た通り、全て自動設定にして接続。認証も何もないのでいきなり繋がった……よし、問題なし。
 ライセンスは切れているが、ひとまずPSOでも接続を試みる。もちろん、接続できてもロビーに入る前に門前払いを食らうわけだが(笑)
 しかし、こうしてオンラインの画面を見られるようになっただけでも、かなり満足できた。後はライセンスさえあれば、めでたくオンライン復活である。

2002/01/26 X。ペケではない

 XHTML 1.0への移行をぼちぼち考え始めた。見た目は変えずにソースだけをXHTML 1.0に移行させる。これがひとまずの狙いである。

 まずはトップページからXHTMLにしてみることに。……しかし、XMLのソース表示モードになり、HTMLのレンダリングが行われない。つまり、画面が表示されないのである。
 ををっ? 何がいけないのだ? ……ひとまずネット上にあるXHTMLで書かれたサイトを幾つか見て回り、ソースを観察し、自分のソースとの違いを考える。しかし、違いが分からない。一体どこに問題があるのだ? ギャグでも何でもなく、小一時間問い詰め始める(自問自答)。
 ……で、ひとしきり悩んだ後に思い付きでファイルの拡張子をshtmlからhtmlに直してみた。この時点では読み込むファイルがローカルなので、ひとまずSSIのことは考えなくても良いのである。……すると何事もなかったかのようにレンダリングが行われ、画面が表示されるではないか。

 ……ち、ちくしょう! やってくれるぜ、さすがはIEだ!

 これがどういうことかというと……IE6はXHTMLで書かれた、拡張子がshtmlのhtmlファイルを正当なXHTMLのファイルとして認識せず、レンダリングを行わないのである。もちろん、ファイルの先頭にXML宣言があるのでXMLのファイルとしては認識する。しかし、それでもXHTMLのファイルとしては認識しないのである。
 ちなみに、shtmlの拡張子は前もってフォルダオプションでHTML Documentとして認識するように設定してある。しかし、拡張子がshtmlだとレンダリングが行われず、同じ内容のファイルの拡張子をshtmlからhtmlやhtmに変えるとレンダリングが行われるのである。
 IE6がXML宣言のされているXHTML文書を正しいHTML文書として認識しないことは有名で、これだけでもかなりアレな話なのではあるが、これにはさすがに参った。誰か、私以外にこの罠にはまった人はいないか? 共にこの悔しさを分かち合おうではないか(……いないだろ、多分)
 この後にApacheを立ち上げ、サーバー上のファイルとしてshtmlファイルを読み込んでみると、IEでもレンダリングは行われた。Apacheの.htaccessの設定でshtmlファイルをHTML文書のindexファイルとして、ちゃんと認識させているからであろう。これに加え、NN6.2.1、NN4.78、Opera6.0でshtmlファイルをローカルで読み込ませてみたが、こちらも全て正常に読み込まれた。
 ローカルファイルを相手取ったケースに限られるとは言え、今回の一件がIE6だけに見られる不具合であることは、最早言うまでもあるまい。
 ……早いトコIE6のサービスパックが出てくれないものだろうか。そう思っている者は私だけではなく、他にも相当いるはずなのだが。

 気が付くと右足の足首(足の甲辺り)に鈍い痛みが走っている。机にいた時は気付かなかったのだが、椅子を立ち、歩き始めた所で足に痛みを覚えることに気が付いた。
 ……いつの間に? いつ痛めたか覚えがなく、全く思い出せない……ていうか何故にこの時点まで気付かない? 大丈夫なのか、俺?(足ではなく頭が)

2002/01/27 ドリームキャストって結構いいかも

 話は24日、複数台のマシンでネットが使えるようになった直後に遡る。弟のマシンがイカレてしまったため、ドリームキャストをネット用端末として急遽採用。ていうかドリームキャストもネット用端末になり得ることをすっかり忘れていた(失礼)。
 弟のマシンはIDEデバイスを全く認識しなくなってしまっている。友人にも相談してみたが、解決法はBIOSの書き換えしかなさそうである。……と、それはさておき。

 ひとまず、ネットを使うためにドリームキャストでドリームパスポートプレミヤを起動、試しに色々見てみることにした。
 弟の目的は友人のサイトを見て、掲示板などの書き込みをすること。場所を知らないというので検索して探し、改めてドリームキャストでジャンプ。とりあえず、問題なく使えそうだ……と、ここで突然、自分のサイトをドリームキャストで見たくなる。
 で、早速見てみると……何かテキストブラウザで見るのと大差ない気がする。……これはあくまで自分のサイトが味気ない作りだからそう見えるのであって、決してドリームパスポートをけなしている訳ではない。ドリームパスポートでの表示は、ほぼ統一されたフォントスタイルにフォントサイズ、大抵のプロパティを無視するCSSの仕様……と文字に関する表示が比較的シンプルなので、サイトの作りがモロに影響してくるのである。それでいて画像もしっかり表示される。テスト用のブラウザとしてはドリームパスポートも悪くないと感じた次第である。
 弟にバトンタッチし、しばらくしてからあることを思い出す。
 ……そういえば、ドリームパスポートはXHTMLに対応しているのだろうか? いや、対応はしていないと思うが、表示はどんなものだろうか……? 早速、今もこっそりアップされているテスト用のXHTMLファイル(shtml)を表示してみる。
 ……お? これは……初っ端のXML宣言が無視されて、画面に表示されている。しかし、それ以外は問題なく表示されている。さて、この表示結果をいかに受け止めるか?
 ま、とりあえずは「致命的な問題ではない」ということで容認してしまうことに。

 弟の友人のサイトを見て思ったのだが……自分がネタになっていると、正直笑ってしまう。
 面白い。もっとやってくれ。

 PSOのハンターズライセンスを購入、やっとのことでオンライン復活。ろきさん、TZkR-Oさんを見つけるが、チャレンジ中だったので同行できず。近いうちには正式復活ということになるだろう。


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2002年 1月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]