不定期更新日記 - December 2003 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 12月 ]

2003/12/29 2003年、有明冬の陣

 2003年、有明冬の陣。コミケットである。しかし、以前と比べてコミケットに対する熱意など、最早かけらほどもない。人間とは変わるものだ。
 参加は3日目のみ、一般参加者としてである。熱意は消えてしまったが、目的がないわけではない。足を運ぶことができる限り、CCCのスペースへ挨拶に行くことは当然と言える。
 しかし、今回は1年半ほど会えなかった友人たちに会い、話をすることが最大の目的となる。前もってメールで「今回こそは会って話をしよう」と決めていたのである。こんな時でもないと時間が合わず、会うこともできないのが現実だ。
 電話連絡の後、20時頃に家を出発、晴海にある友人宅へ向かう。友人宅へ着いたのは22時半頃だった。

 中へ入った途端、少し聞き慣れた音が耳に入って驚く。それはつい先日友人に薦められて手を付けた、SealOnlineであった。現在はベータテスト中で未実装の要素も多々あるが、ラグナロクオンラインにはない面白さが随所に見られる良作である。……思わぬ所で話のネタが出てきた。
 SealOnlineのことも含め、近況を話し合う。そして、自分の持ちネタが少ないことに自分で閉口。今度会った時には色々とネタを増やしておきたいものである。
 部屋にいるほとんどの者が翌日に備えて寝てしまう。家主はSealOnlineで釣りを始め、AFK状態で寝てしまう。こうなると特にできることがない。ここ最近の生活サイクルがよろしくないので睡眠時間に若干のずれがあるのだが、無理矢理寝ることに。ちなみに、アルコール類は家主に禁じられたため、一切ない。それでも寝るしかない。ということで寝ることに。まぁ、話は翌日もできるのだし……ということで。

2003/12/30 2003年、有明冬の陣 その2

 2時間と経たずに目が覚める。……寝ようという思いと裏腹に意識がはっきりしてきてしまったので、起き出すことに。
 家主のパソコンを見るとSealOnlineの接続が切られている。こうなるとプレイヤー本人が寝ている以上、復帰は不可能である。……ならいいや、やっちゃうか。
 ということで自分のアカウントでログイン、SealOnlineを始めてしまうことにした(笑)
 朝方辺りに友人が起きてきたのでことの経緯を話す。ついでに自分のキャラクターをお披露目……LV、ゲームの進行度は自分のキャラクターの方が少しばかり上であった。折角なので、ちょっとしたプレイの指針を教えつつフィールドを歩き回る。ちゃんと参考になったようだ。

 そんなことをしている間に日が昇る。家主が8時頃に家を出ねばならないと言うので、それに合わせて外へ出ることに。前回と同じく、時間を潰してから会場へ向かうことになった。
 まず、ダメ元でアムール・エーパンのカレーパンの確保を試みることにした。今日は日曜ではないが、日付は12月30日。至極普通に考えて、営業しているとは思えない。が、所詮は暇潰し。手に入ればそれでよし、手に入らなくても仕方ない、仮に手に入っても城爪草さんが受け取れる状態になければ手元に残り、受け取れるならそれに越したことはない……と、いかなる結果になったとしても何ら不都合はない。まぁ、前回の結果を考える限り、食うどころか受け取ることすら困難であると見るのが妥当だろうか。
 ……最早言うまでもないが、行き当たりばったりは基本である。

 目的地は前回のコミケと同じだが、道のりは違う。まず、晴海の友人宅から勝どき駅を経由し、月島駅へ徒歩で向かう。そして月島駅から永田町経由で神保町へ。潰す以外の時間がないとなると、時間的に非効率的だろうが無駄に寒空の中を歩こうが関係ない。何でもアリである。ただ、交通費は月島〜神保町間の160円で済むのだ(それがどうした)
 神保町からアムール・エーパンまで歩く。やはりというか、遠目でシャッターが閉まっているのが見えた。ひとまず、これは終了だ。
 さて、次はどうするか……。歩きながら考えた後、朝飯を食っていないことに気が付いたため、何か適当なものを腹に入れねばなるまい。思いついたのは……ねぎだく。ここは敢えて、以前意識して避けたねぎだくを食してみようと考えた。無論、ネタだが、知らずに語る訳にもいくまい。ということで、吉野家へ。
 ちなみに、己の欲望に忠実に従うと、並盛りつゆだくだくに卵一つという、これ以上ない位に汁だくだくの丼となる。完全にハマってしまったので、通常はこれ以外を頼む気が起きない。我ながら、何ともわがままな客になってしまったと思う(苦笑)
 で、ねぎだくを頼んでおきながら言うのも何だが、感想は特にない。ねぎが多い、ということだけで特に思ったことはなかった。……ならば、何のためにねぎだくを頼んだのだ? と自問自答するが、やはり変化、ネタを欲する現状がそうさせたのだとしか言いようがない。……やはりつゆだくだくか。

 その後、特に目的を持たぬままに歩き回る。ほとんどの店が開店前なのでとにかく歩く。睡眠時間が短めだったので、眠気が峠を越えるまではとにかく動き回ることに。パーツ屋を見て回る気にもならなかったので、とにかくすることがない。
 ……ヒマだ。10時を回った辺りでトライタワーへ向かう。することがなくなってゲーセンに向かうとは、手持ち無沙汰ここに極まれりといった所か……こんなことはここ何年もなかったのだが。

 時間を潰し切り、時刻は11時半。東京、新木場を経由し、りんかい線で有明へ。早速CCCのスペースへ向かうが……。
 長い列ができている。本を買うこと、そして並ぶことに慣れていない自分には最後尾がどこにあるのかすら分からない……手詰まりである。仕方がないので友人のスペースへ向かい、売り子を手伝う、昨日できなかった長話やお使いをするなどして時間が過ぎるのを待った。1時間置きにCCCのスペースを見に行くが、一向に列のなくなる気配がない。……これは困った。これでは並んで本を買ったとしても、ちょっとした会話すらはばかられる。こうなっては閉場間際まで待つしかない。
 3時半を回った辺りでCCCのスペースへ……しまった! 既に片づけを始めている! 話をするにはさほど問題ないものの、これでは本が買えない……まあ、書店卸しを待てばいいかと思いつつ、やっとのことで城爪草さんと話すことができた。差し入れについて訊いてみたが、最早ゼリー飲料を飲む程度の暇しかなかったらしい。これでは今後も無理か……

 閉場後、友人宅へ。やはりというか……みんな戦利品の整理に忙しい。それほど話す時間が取れなかったので、帰りのバス、電車の中で色々と話すことにした。
 その話の中で一つ質問をされたのだが、その内容はというと……「ラグナロクオンラインのハンターが強い強いと言われているが、何故か?」というものであった。彼はラグナロクオンラインのプレイ経験はないため、私に尋ねたという訳だ。
 無論、私はありのままに話す。そして友人は納得する。

「そりゃおかしい」

 ラグナロクのキャラクター間パワーバランスについては「クソである」と言う他ない。
 ……そろそろやめ時だろうか。


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 12月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]