不定期更新日記 - August 2003 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 8月 ]

2003/08/17 2003年、有明夏の陣

 この頃の自分にしては珍しく、朝から有明へ向かうことにした。どうしても欲しいものがあって朝から即売会へ向かう……そんなことは何年も前から無縁だったのだが。
 偶然にも余ったチケットが1枚あったため、それを使って入る手筈はできていた。しかし、電車に乗る直前になって突然に「そのチケットが欲しい」という電話が。私としては欲しいものが手に入ればそれでよかったので、私が目当てにしているものを最優先で手に入れることを条件に、チケットを渡すことにした。

 時刻は7時30分。潰す以外に使い道のない時間ができてしまった。朝から有明に向かう最大の目的は既に果たされたものの、することを失って途方に暮れる。この日の予定はチェックしていたサークル(2つ)を回って欲しいものを手に入れること、それと城爪草さんのいるCCCに差し入れを持って向かうことだったのだが、ここで一つ閃いた。本来はエチオピアのカレーを持ってスペースへ向かう予定だったのだが、神保町周辺の「アムール・エーパン」という店のカレーパンが佳味いという情報があったので、これを手に入れ、持って行くことにした。実は、この時点で店の正確な位置を把握していなかった(過去に一度アムール・エーパンを見つけたが、夜だったので場所感覚が掴めなかった)のだが、時間の余っている今ならそれも好都合である。カレーパンを手に入れた後は秋葉原で適当に買い物をして、昼頃に有明へ向かえば完璧である。
 プランが決まった時点で新橋から神田へ向かい、そこから徒歩で神保町へ。曖昧な記憶を頼りにアムール・エーパンを探すことにした。
 ……明るい時に探すとあっさりと見つかるものである。実はエチオピアの面している通りをただ南下すればよいだけだった。しかし……店のシャッターには張り紙が。15日から17日が夏季休業とは……何なんだ、この負けっぷりは!

 時刻は8時15分。神保町周辺でできることは完全になくなったので、秋葉原へ向かって時間を潰すことに。パーツ屋の広告や張り紙などを見て値段などを調べるだけでもそれなりに時間は潰せるものだ。大通りを歩いていると、見慣れぬオレンジ色の店舗が目に入る。なんと吉野家だ。とうとう秋葉原にも吉野家が……と思って見てみると、今日の10時オープンということではないか。10時を過ぎるまでは買い物もできないので、一人目の客になってみるのも一興だろう、と考えた。
 時間が来るまでパーツ屋のある通りをふらふらと歩き回り、9時40分頃に吉野家の前へ。することがなくなったので何もせず吉野家の前で待つことに。 そして10時。店員さんの挨拶と同時に入店。一応、最初の客として入店を果たす。そして注文。

「大盛り、ねぎだく、ギョク。」

 ……とは言うはずもない。そもそも、それができるほどのステータスも私にはない。私の注文は大盛りつゆだく、それと玉子。単純に食いたいものを頼んだ。まぁ、一種特殊な場所でもある秋葉原で、それも吉野家であれば、ねぎだくは必ずや出てくるであろう注文ではあるが。牛丼が来て、それを食い始めると、「大盛りねぎだく、玉子1個」という注文が聞こえてくる。やはり、と思いつつ心の中でほくそえんでしまった。
 しかし、ここである考えが頭をよぎり、後悔する。ねぎ抜きにすればよかったか……ねぎ抜きこそが最大のアンチテーゼだろうに……! まぁ、アンチテーゼというよりはただのネタだが。それ以前に手間もかかるので歓迎はされないだろう。

 買い物を済ませた後、再び神保町へ向かって歩き出す。エチオピアのチキンカレーをテイクアウトするためである。11時の開店に合わせてチキンカレーを注文、それから神田、新橋経由で有明へ。しかし、神田へ向かう途中辺りから右足が激しく痛み出す。神田へ着く頃には階段を一段登る度に右膝に痛みが走るほどになってしまった。運動不足などが一因だとは思うが……情けないものだ。

 そして有明。CCCの前に辿り着くが……壁際だ。列ができている。一昨年の冬に初めて会って、今や押しも押されぬ大手サークルである。1年半あれば壁際サークルになれるのか……とんでもない方とお知り合いになったものだ。本を手に入れることも目的にあったので、とりあえず列に並ぶ。こんな状況では話をする余裕もなければ、カレーなんぞをゆっくり食う暇もないだろう。で、実際その通りになった。いつかはエチオピアのカレーを食ってみてもらいたいものだが、いつになることやら。
 その後、目当てのサークルを回り(一ヶ所しか残っていないが)、依頼品を回収し、足の痛みに耐えつつも手にカレーをぶら下げて帰宅。
 仮に城爪草さんにカレーを受け取ってもらったとしても、食い始めた途端にクローブの匂いを辺りに撒き散らしたはずだ。このことを考えるとカレーは下策であり、むしろこの展開で良かったのだろうと思う。
 電子レンジで温め直して皿に移し、そうして食ったカレーは僅かのやり切れなさを含んだようでいて、それでも、いつもと変わらぬ味だった。

 後にアムール・エーパンの営業時間について調べてみたが、日曜は休みだった。コミケ参加が最終日である限り、カレーパンの差し入れは不可能ということになる。
 ……残念だ。


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 8月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]