不定期更新日記 - April 2003 -

[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 4月 ]

2003/04/21 画面の向こうに人がいるゲーム

 テスト終了時には月額の100円単位で文句を言っていたりしたのに、ある程度の時間を置いた今、何も文句を言うこともなく、1月辺りから月額1500円でラグナロクオンラインをプレイしてしまっている。チケットが900円で買える期間は完全に封印していたというのに……(汗)

 プレイを再開した辺りから気になっていたのだが、プレイ中によくクライアントが落ちてしまう。原因が特定できずにいたのでそのまま続けていたのだが、ここ最近になってその傾向がひどくなり始めていたのである。しかも、つい先日OSを再インストールしたのに状況は全く好転せず、ちょくちょくOSが落ちて強制再起動してしまう……という有様であった。
 考えられる問題は、やはりメモリだ。ハードには疎いが、最早メモリを疑うしかない。そこで、一度全てのメモリを取り外してそれぞれを1枚のみ挿した状態で起動、動作を見ていくことにした。経験上、クライアントの落ちるタイミングは会話時が多かったため、丁度よく居合わせた知り合いのプレイヤーの方々と会話をしつつ1枚目のテストをすることに。
 時間もかなり遅かったため、2枚目以降は普通のプレイで見ていこうと思っていたのだが、この時に話していた方がハードにかなり詳しいことが判明した。以前に話していたことからフリーのライターをしていることは知っていたのだが、その分野がパソコンのパーツ関係だったとは……チップセットとメモリ構成を話しただけであっという間に回答が出てしまった。

 不具合の原因はKT266のマザーボードに両面実装のメモリを3枚挿していたことにあった。3つあるDIMMスロットに両面実装のメモリを全部挿してあると言った途端に「それw」という返答が。動作が不安定ではあるものの、メモリ自体が認識されないなどの問題もなかったため、原因はそれ以外に考えられなかった。この場合の対策はただ一つ――メモリを2枚で稼動させることである。
 詳しい話を聞き、後に自分でも検索などして調べた結果、自分のマシンに積まれたマザーボードの仕様として4バンクのメモリーインターリーブというものがあり、2バンクを占有する両面実装のメモリを3枚挿していたことによって動作が不安定になっていた……ということを改めて理解した。BIOSの設定を見ると、確かにBank Interleaveの項目が4 Bank(固定)になっている。そのマザーボードに6バンク分のメモリを載せていたのだから、動作が不安定になるのも当然のことだったのである。
 メモリを2枚で起動させた後はエラーを起こしてクライアントが落ちることも全くなくなっている。もちろん、OSが落ちて強制再起動することもない。問題は完全に解決した。

 今回は知り合いのプレイヤーがハード関係の知識に長けていたため、あっさりと問題を解決することができてしまったが、この方がいなければ原因の究明がかなり遅れたことだろう。載せるメモリの枚数も徐々に増やしながら、総当たりでメモリの動作を見るつもりではあったので、結局は安定した動作を取り戻すことができただろうが、これを知識として吸収することまでは叶わなかったはずだ。画面の向こうにNPCではない一人の人間がいたからこそ、このような助言を得ることができたのであり、NPCはマシントラブルを解決してくれることもない。
 MMORPGであるラグナロクオンラインにおける、貴重な体験であった。
 ……ということで「MMORPGっていいね」などと言ってみることにしよう。


[ トップページ ][ 日記 ] > [ 2003年 4月 ]
NANIGASHIAN the Nanigashinosuke Kanzaki's Website
Since 7th July 2000
Copyright © 2000-2014 All rights reserved.
Author : Nanigashinosuke Kanzaki
E-mail : [webmaster@nanigashian.net]